【ネタバレ】ディーふらぐ! 62 感想【注意】

第62話 あっ俺部員じゃなかった

 

ゲームをしている風間と高尾

高尾「…ねぇ」

風間「んだよ?」

高尾「ま…まぁいいんだけどね いいんだけどさ…何か…あった?」

風間「別に…」

高尾「…別にだったら 風間…うちの部室に来ないでしょ?」

風間「邪魔なら帰るけどよ?」

高尾「え!?え!?邪魔じゃないけどぉ…」

風間「…あー ちょっとうちの部長とやりあってな 部室行きたくねーんだ」

高尾「え!?芦花と!?喧嘩!?…って風間 部室でいつも怒鳴ってるじゃない あれは何?」

風間「そうだなー!ツッコミしてるよねー! なんかアイツ自身部室来なくなっちまったし」

高尾「…え?あの子が部活休むなんて相当なのね」

風間「あっちが休むなら俺だって休んでも文句ねーだろ そもそも毎日は行ってねーけど」

高尾「(こっちも相当ね…)」

 

稲田の動きに気付いて見る高尾部長

 

DSCF8184

高尾「きょ…今日はぁ〜とてもゲーム日和デスヨネ〜」

風間「日和って…お前 停電以外の日は大抵そうじゃねぇの?」

稲田「(チィッ!!駄〜目だこの部長〜)」

 

風間「俺邪魔なら帰るけど?」

高尾「え!?」

稲田「そんなことはありません!風間先輩が来てくれると桜ヶ丘君がかわいい格好をしてくれるのですから!」

女子制服を着ていつものように半泣きの桜ヶ丘

風間「可愛いってどう見ても普通の学校指定制服だけど!?」

稲田「普通!?普通ってなんです!?風間先輩の普通って私にとっての大変なんですよ!?」

風間「どういうこと!?おっ…俺だってなぁ普通が貴重だって身に染みてるわ!!」

高尾「ここ何の戦いしてるの!?まってまって!二人共静かにしなさい!ここは(仮)部とは違うのよ!!」

稲田「すみません部長…」

桜ヶ丘「部長」

山田「部長」

風間「すまねぇ部長 あっ俺部員じゃなかった」

風間に部長と呼ばれて嬉しい高尾「部長…え…へへへ」

稲田「よかったですね〜部長〜ね?部長? だがしかしこの程度で満足など温いですよ!」

高尾「ええ…!?」

稲田「いいですかぁ高尾部長〜 想像してみてください 風間先輩がこのまま入部した時のことを さぁめくるめく部活動を」

想像してみる高尾

 

DSCF8185

稲田「って普通かーい!!」

高尾「え?だって部活でしょ?こうでしょ?」

恋愛シミュレーション天下リクルートというゲームを渡す稲田「もっとこうほら高尾部長の好きなゲームで例えるとこんな感じの!!」

高尾「うーん 私こういうゲームは全然やらないから」

稲田「アクションやシューティング以外もやりましょうよ!」

風間「あいつらコソコソ何やってんだ?」

山田「…きっと我々にはわからないガールズトークなどしてるんでしょう」

風間「山田 お前も男一人で大変だな…」

山田「えっ!?いやっ…はい…」

後ろで半泣きの桜ヶ丘

風間「(まあうちのところも男一人みたいなもんだけどな…ってそもそもうちはそれ以前の問題なんだよな…)」

ため息と共につぶやく風間「こっちのゲーム製作部はほんとちゃんとした部だな…ここ俺以外にツッコミ役いるし…楽だ…」

高尾と稲田「え?」

稲田「あの…そちらの(仮)部と一緒にされても困りますけど…」

喜びで涙を浮かべる高尾「私…今まで頑張ってきてよかったぁ」

稲田「チョロ!一言一句に部長チョロイ部チョロイー!

あっでも部チョロ頑張りましたね偉いです!」

喜びに浸ってる高尾に入部届けを渡す稲田「…そんな部長にプレゼントでっす」

 

DSCF8186

稲田「今こそ青春無限大!!」

動揺しまくる高尾「無限大っ!? だっだめ!駄目!風間は(仮)部の部員だし!誘うにしても芦花のいないところでなんてひ…ひひひ卑怯よ!」

稲田「(といいつつめちゃ悩んでいらっしゃる…)」

風間「女子の会話には入れねーな」

山田と桜ヶ丘「(きっと貴方は入れない会話ですよ)」

山田「…どうです風間さん (仮)部を辞めてうちの方の部に入ってみては?」

高尾と稲田「予想外な山田のアタックだあぁぁ!!」

オロオロする高尾「いや…そんなあの本気で…でも」

軽〜く断る風間「いやーそれはねぇな ねぇーって あの(仮)部に入れなければそもそも部活自体やらねーし」

すました顔の高尾「フーン」

稲田「(あれ!?意外にも普通!)」

高尾「そうよねそもそもあんたゲーム製作部とか似合わないものね」

風間「だろ?しかもここってちゃんとした部活やってんじゃん」

高尾「当たり前でしょー」

風間「俺が真面目にゲーム作る奴に見えるか?足引っ張るだけだぜ」

高尾「そうよねー じゃあさっさとここから出ていきなさいよ」

風間「あれ!?さっき居ていいって言わなかったか!?」

稲田・山田・桜ヶ丘「やっぱ駄目だった!!」

高尾「やっぱ都合良く部室使われるの癪なのよ!ぶーたれてないでさっさと自分の部室戻りなさいよ!」

風間「なんだよいきなり!」

高尾「…あの子面倒だから放っておくと… そのままこんがらがっちゃって…前の芦花と私みたいになっちゃうわよ」

風間「… お前も相当面倒だったけど…」

高尾「なんっ!? んもう!いいから!さっさと解決してきなさいよ!このままじゃあんたかっこ悪いのよ!」

風間「確かにな…わかった俺 自分の部室に戻るわ」

高尾「そ…そう?」

去っていく風間「邪魔したな」

 

稲田「… 大丈夫ですか高尾部長…」

ポロポロ涙を流す高尾

稲田「チョモランマー!!あわわ!!高尾部長!あんたよくやりましたよ!女としてかっこよかったっすよー!」

山田「そうです!」

桜ヶ丘「同じ女の子として僕尊敬しますー!あっ!僕男でした!」

稲田「桜ヶ丘くん!?桜ヶ丘くん今なんて!?」

高尾「べ…別にどうしようもないことだし…わかってたことだし…」

稲田「桜ヶ丘くん!?」

高尾「アイツが来ないこと最初からわかってたしぃ…」

稲田「桜ヶ丘くん!?」

高尾「稲田…うるさい」

 

戻ってきた風間「なあ」

顔をそむける高尾「何戻ってきてんのよ!」

風間「まだお前喧嘩腰!? …いや正直逃げ場にして悪かったよ まあ…なんとか片付けてすっきりさせっから

そしたら今度は普通にゲームしに来るわ やっぱ駄目か?」

高尾「え…う…」

稲田と山田「是非!!」

高尾「…うん うん」

風間「そっか ありがとな」

 

満面の笑みの高尾部長

稲田「…よかったっすね高尾部長 なんか一歩前進すね」

桜ヶ丘「つまりこれから風間さん…ちょくちょくこの部に来るってことですね?

つまり僕も 風間さんに男だって明かす時がついにきたんですね!」

高尾「… それは無理だと思うなぁ…」

桜ヶ丘「えー!?」

稲田「桜ヶ丘くん新しい服よー!」

桜ヶ丘「えー!?」

 

廊下を歩く風間「高尾には助けられてばっかだなー」

部室のドアを開ける風間「… あいつまだ来てねぇのか」

千歳「引き続きな」

桜「先輩達いないとつまらないですよー」

千歳と桜「どうするの?」

風間「…仕方ねぇ こっちから攻めるか」

次回、ディーふらぐ! 63 へ!!

最新記事を即お知らせ