【ネタバレ】テラフォーマーズ 97 感想【注意】

第97話 ELEMENTS 持ち場と要素

「第四支局の”兵器を積んだ救助艦”はもう火星に向かっている」

 

爆「紅ちゃん遊びは終わりだ 艦内からで構わない ”やれ”」

 

「あれっ!?嘘だろっ・・・開かなくなっちゃった・・・」

ウォルフ「配線が切れてるか立て付けがズレてしまったか・・・」

「おそらく・・・さっきの衝撃で・・・」

先ほど下ろしたシャッターが開かず分断されてしまう慶次とウォルフ達

ウォルフ「慶次!時間が無い!最終地点で落ち合おう!!」

「2階の中央・・・艦長室のました・・・通信コントロール室!!」

「そこのコンピュータから電波塔の設定を書き換えて正常に戻す!!」

慶次「・・・・いや」

「ウォルフ達は”最初の作戦”通り”例の場所”に一旦寄ってくれ」

「ウォルフは大体の場所はわかるんだろ?”アレ”は必要だと思う」

ウォルフ「!! ああ・・・!そうだな・・」

慶次「・・・すまない だが時間が無い 俺が先に行った方がいい・・」

「何故なら当然通信コントロール室には武装した4班の軍人が待ち構えてるはずだ・・・!」

「”アレ”があればいいけど・・・無かった場合圧倒的に時間が足りなくなる」

「無かった場合に備えて甲殻型の俺が直行してー やつらと対峙する!」

 

爆「・・・・何」

紅「また・・・防護服を着てない人がいるんですよね・・今度は一・二班の・・・」

「な・・・なんとか話しあうことは出来ないでしょうか・・・?」

IMG_6442

震えながら声をだす紅

紅「か・・彼らも生きた人間です ま・・また・・じゃないとまた・・・」

爆「・・・・紅ちゃん・・・」

バシッ

紅「ッ!!」

紅をはたく爆

爆「・・・状況分かってる?」

「通信コントロール室がどれだけ大事か」

「すでに裏切り者である君や僕や西さんが生きていられるのは地球との交信が遮断されているからだ」

紅「・・・・っ」

爆「もし君が毒素の放出を怠り 彼らがここに侵入して”助けてください!第四班が裏切りました!皆○される!”」

「ーなんて通信の記録でも残ってみろ”流石になにも出来なくなる”」

「ーなにせ今の計画では実際に僕らの救助艦が 他の班員の口封じをしてー」

「皆○しの罪をゴキブリに押し付けるはずなのに”すでに僕らにけされた人もいる”」

「なんて言われたら火星だけでなく地球でも”我々”は全世界を敵に回すことになる」

「今は地球では”薄々みんな怪しんではいても””証拠がない”からなんとかゴリ押しできてるんだ」

「もし地球にバレたら僕らは100%切り捨てられるよね」

「その場合は僕らは勿論 君の家族も粛清されるだろう」

「もし救助艦が作戦を強行しても地球で戦争になるかもしれない」

「その場合はもっともっと多くの人○ぬことになる」

不安そうに話を聞く紅

爆「・・・昨日初めて目の前で人が○んでびっくりした?」

「でもね 君が今更ビビったところで彼は生き返ったりしないし 今更ビビってたらむしろ彼にも申し訳ないと僕は思うな」

「毒でここを衛るのがきみの仕事だ」

「後戻りすることの出来ない君の任務だ」

「君を 君の家族を 君の仲間を守るためにー」

「ここで変態して 簡素なコートとマスクもどきで身を包んでいるだけの一・二班員に」

「特濃の”細菌兵器”を食らわせるんだ!」

 

「おいッ!ウォルフ!!」

「なんで慶次を先に行かせた!あいつにも”必要”だろ!!」

階段を駆け上がるウォルフ達

ウォルフ「俺の考えでは七割がた”ある”!!だが無いかもしれない!」

「”無い場合”のために急がせた!」

「・・・それにいざという時戦闘が出来るのは慶次だけだ!」

「俺らが一緒だと俺らが人質に取られるかもしれないし・・」

「それに・・どのみち慶次は戦闘するときは”着られない”んだよ!腕が太すぎて!!」

 

「・・・!」

「あ・・あるんだよな・・!?」

「七割がたあるんだよな!?急ぐぞ!!どこだ!?もう三階だぞウォルフ!!」

ウォルフ「ああ・・・!!ある・・・!もうすぐだ」

「”磁気が消えてる”部屋があった・・・!!」

「ここまで近づいて確信したッ!おそらく四階Nエリアー”食糧庫”だッ!!」

 

ウォルフ「爆はーおそらく何かの能力を使って増えている!そして・・増えた方も防護服を着ていた!」

「食糧庫はエアコンが独立しているし おそらくエネルギー源も豊富」

「そこで爆が今も増えているとしたらー」

「”ある”ッ!!」

「”新しい防護服”が!!食糧庫に複数あるはずだ!!」

 

「作戦全ての要衝である 電波塔をし守すべく通信コントロール室で待ち構える第四班」

「最終的にそこを制圧するため策を巡らせ動く第一・二班」

「・・・そしてー」

 

「・・・ ・・・・じ」

IMG_6441

慶次にやられ倒れたままのオニヤンマ型が手に何かをもったまま喋る

「じ・・・じじょう じじ・・・じょうじ」

「じじょうじ・・じょう」

「じょう・・じょうじ じじ・・じじょ」

IMG_6443

爆 ウォルフ達「か・・・!!艦内放送・・・!!?」

ゴキブリの声が艦内放送で流れ驚きの表情

「じょ・・じょう じ・・じょう」

「じょう じょうじ・・・じょうじ」

Nエリア 食糧庫の扉が開く

 

IMG_6440

「・・・じょうじ」

 

「文明(宝)の山であるアネックス1号とそびえ建つ電波塔に集結するゴキブリ達」

「ー残り12分」

次回 テラフォーマーズ第98話へ