[amazonjs asin=”4253221262″ locale=”JP” title=”弱虫ペダル 33 (少年チャンピオン・コミックス)”]

[amazonjs asin=”B00FOQR2HO” locale=”JP” title=”弱虫ペダル Vol.5 初回生産限定版 Blu-ray【「恋のヒメヒメぺったんこ」歌:姫野湖鳥(CV.田村ゆかり)CD付き】”]

コミックスは最新33巻まで発売中!!

【ネタバレ】弱虫ペダル 303 感想【注意】

RIDE.303スプリンター!?

「来たぞ!!追ってる!」

「最速最強!スプリンターの最高の栄誉!ファーストリザルトライン!」

「グリーンゼッケンを求めて! 各チームの平坦屋が競い合ってる!」

「行けぇええ!」

「速ッえええええ!!」

スプリンターたちの競い合う姿に大声援の観客たち

 

ピエール「いや~いいスタートだった~」

古賀「行くぞ!杉本!」

杉本「はい!」

橘「走るの?いつもこれなの?自転車レースの裏方ってこんなバタバタなの?」

寒「うん そ とっても大変なのよ♪」

総北サポートメンバー達も移動を始める

古賀や杉本達は給水ポイントへ先行し

一年達は学連のバスで後から行く様子

「杉本さん!」

杉本「段竹!」

段竹「一差を 鏑木一差をよろしくお願いします」

「オレの代わりに給水所で頑張れって声をかけてやってください!!」

「あいつにとって夢の舞台 後悔なく走ってほしいと願ってます」

杉本「ああ! 鏑木はいい友だちを持ったな」

それを見ていた古賀

古賀「段竹!お前も乗れ!!」

「杉本 荷物詰めて補助席出せるか!?」

段竹「いや あの俺はけど古賀さん・・・!」

古賀「お前の純粋な願い そういうのは直接伝えた方がいい 走ってる奴の力になる」

 

場面は青八木と鏑木へ

鏑木「ちょっ なんすかなんで俺がスプリンターの戦いに参加しないとなんないんですか!」

青八木「・・・つべこべ言うな」

鏑木「俺は・・ズバリ ゴールを狙うオールラウンダーですよ!?」

自信あふれる顔でそう言い張る鏑木

「オールラウンダーっていうのはですね 山にも平坦にも強いんですよ?」

「ゴールまでチームに守られて 最後の最後美味しく仕事するって言うポジションですよ?」

「聞いてます・俺の脚質考えたらどう考えてもおかしいでしょう 今俺を走らせるのは」

黙って聞き流す青八木

「手嶋さん間違ったのかなー?ミーティングで何回も俺オールラウンダーだって言ったのになー」

「オールバインダーに聞こえたかなーバインダーは閉じるやつだからなー」

そう言いながらも徐々に先行選手をとらえ始める

「う!!総北追い付いてきたか!」

「張り付かれた!」

鏑木「1人逃げました青八木さん!」

 

「総北は今年も二人出したのかスプリンターを!」

鏑木「俺はスプリンターじゃない!! いいかお前らー・・」

自分はオールラウンダーで隠しエースだと他チーム選手に言い張る鏑木

青八木「さて 鏑木この集団はまだ先頭集団ではない」

「さっきの合図ででたスプリンターは43人」

鏑木「数えてたんすか!」

青八木「ここまでに13人抜いてきた つまり?」

鏑木「残り20人!」

青八木「30人だ」

「ここの8人をのぞいて22人前にいる そしてその中には箱根学園が1人混ざっている」

鏑木「・・・ほう!!」

青八木「・・・ー高速の下をくぐり 杉並木が始まればその先に程なくある三叉路」

「そこがファーストリザルト グリーンゼッケンのラインだ!!」

鏑木「・・・・へー・・」

IMG_6120.JPG

目をぎらつかせ始める鏑木

青八木「今年は去年と違い海風はない しかもラインの前は杉並木 風の影響は殆ど受けない」

「先の22人を早めに抜いておかないと持っていかれる”一番”を」

鏑木「ナルホド!!」

青八木「・・・! 目つきが変わった・・・」

「ひけ!次はお前の番だ!」

 

「総北動くぞ!」

「させるか!」

鏑木「させられるか!!」

一気に飛び出していく

「わかっていたのにいかれたぁ!」

「あいつ速い!!」

しかしすぐ目の前には90度のクランクが

「俺は高知土佐海高のスプリンター清水!コーナーの魔術師と呼ばれた男!!」

「コーナーリング切れ味じゃあ誰にもまけんのじゃあ!!」

インコースを攻める清水

「ふぅおわぁー!!嘘だろぉぉお!」

鏑木「ほぅるあああ!!」

IMG_6122.JPG

物ともせずに置き去りにしていく鏑木達

「なんだあいつ・・コーナーの切り返し 俺を見てからもう一段加速した」

「立ち上がり ツッコミの速度 反応の速さ・・・オールラウンダーって言ってたけど・・」

「生粋のスプリンターじゃないか!!」

 

先ほど逃げた1人もすぐに抜き去る

鏑木「あれ・・これインターハイだよな・・おかしいな・・・」

「スプリンターの平坦合戦だよな・・・なんで皆オールラウンダーの俺に」

「ついてこれないんだ?」

ニヤリとする青八木

鏑木「第2か第3か分かんないすけど前の集団に追い付きましたぁ!」

青八木と鏑木が交代する

「来たな総北!俺は新潟上越東の櫓丸!去年は田所がいたが・・・」

「今年の総北はやれやれ・・・小ぶりだな」

青八木「すううううううう」

息を大きく吸い込む青柳

IMG_6121.JPG

ドン

青八木「田所さん直伝・・・ 酸素音速」

「肉弾丸」

櫓丸「・・・こ・・小ぶりじゃない!!?」

次回 弱虫ペダル第304話へ

最新記事を即お知らせ