コミックス最新14巻まで発売中!!

【ネタバレ】ねじまきカギュー 153 感想【注意】

第百五十三話 惜別

 

体育館で卒業式に出席するカギュー達

 

 

IMG_6055.JPG

カギューは笑顔だがエグ実や朱羽は号泣している

朱羽「ちょちょちょちょッ・・!!あんたなんでS大いくのーっ!?」

富江「何よ・・・悪い・・?」

 

図らずとも同じ大学を受けてしまう二人

エグ実「偶然同じ大学受けたって?どんだけだよあいつら・・・」

窈「エグ実さんは・・・・」

なんと婦警になるというエグ実

ビリー「スゴッッ!!エグさんマジパネーッス!!」

ビリーは実家の果物屋をつぐことに

窈はM美大にいくらしい

朱羽「ななな なんでマブルゥさんまだ学校きてんの!?」

どこからともなく現れたマブルゥ

マブルゥ「十兵衛ちゃんの保護者だからに決まってんだろ 蹴り○すぞ 十兵衛ちゃんはどこだ?」

富江「カギューちゃん? あれ? さっきまでここにいたけど・・・?」

 

ジョギン

1人鏡の前で伸びた髪を切り落とすカギュー

 

カモ「・・・・あれ?」

自分の目の前に現れたカギューに驚きの表情のカモ

「変だな・・・ここで森先生と落ち会う約束だったんだけど・・」

「そうか あの人の計らいか まあなんとなく予想はしていたけど・・・」

「最期の最期までわからない人だ・・・ふふ」

 

「卒業おめでとう カギューちゃん」

「見てたよ卒業式 ・・・といってもなんだか涙もろくなっちゃってね」

「はは・・ ちゃんと最後まで見ていられなかった」

 

十兵衛「カッ・・・」

涙ぐむ十兵衛

ゴッ

「なんでだッ!!!」

カモを殴り倒し 大声で問い詰める十兵衛

「アリスさんと森先生から全部聞いた!! なんで誰にも言わなかった!! 誰にも!!己にも!!」

「いつもいつも 大事なところでは1人で決めて 勝手に行動して・・・」

「それで誰も傷つけていないつもりか!!!」

 

IMG_6056.JPG

「カモ兄ちゃんがどれだけ酷いことをしようとも 汚いことをしようとも」

「そんなことでさよならなんて・・・そんな・・そんな寂しいことするなッ!!」

 

「愛することを・・・怖がるな・・・!!」

 

IMG_6057.JPG

泣きながら訴える十兵衛

カモ「・・・・・・」

「うん 怖いよ」

「君たちを傷つけてしまうことが 汚してしまうことが どんなことよりも」

「ありがとうかギューちゃん 僕を叱ってくれて」

「でもね・・もう手遅れなんだ 僕は 踏み外してしまった人間だから」

「僕のことは忘れて 他の愛に生きるんだ 君は強い子だから大丈夫だね?」

背を向けて歩き出しながら そう言い残すカモ

十兵衛「そ そんなことできるわけ・・・ッ」

 

十兵衛「!!」

IMG_6058.JPG

十兵衛を阻む森

カモ「森先生 あとは 頼みます」

十兵衛「行くなッッカモ兄ちゃんッ!!」

森「さよならはもう済んだでしょ?」

次回 ねじまきカギュー第154話へ

最新記事を即お知らせ