コミックスは最新40巻まで発売中 TVアニメも絶賛放映中!!

ダイヤのA 第379話 感想 ネタバレ 注意

こっち側

バチィン

「外に大きくハズレこれでカウント2-2!」

「おお・・やっぱはえーよ・・・」

 

川上の打席 雷市の速球に観客も注目する

川上「・・スポーツは残酷だ 努力だけでは越えられない壁 それは確実に存在する・・・」

少年野球をしていた頃から 回想する川上

「俺は”持ってない”そんなこととっくに分かってる・・ それでも諦めきれなかった・・」

「見てるだけじゃなく 自分もこっちに来たかったー」

「ここで戦いたかったー」

IMG_5957.JPG

「マウンドでも 打席でも 伝わる・・・ 同じ」

「だったらぶつけ合おう」

川上を見つめる青道陣

轟監督「やれることは限られてんぞ雷市 ど真ん中でいい力で押し切れ!」

 

「鋭く もっと鋭く ヘッドを疾らせるように 速く」

カッ

打球はつまりピッチャー正面へ

栄純「ノリ先輩ドンマイ!コレ飲んで忘れましょう!」

ノリ「ちょっとしびれた・・・」

「右手じゃねーか大丈夫かよ! そんなに威力あんのかあのボール」

雷市のボールは手元で暴れると分析する青道陣

 

小湊「それって栄純君の・・・」

「いや スピードがある分沢村のクセ球よりも厄介かもなー」

 

バチィン!

「空振り三振!!前のイニングに引き続きこの回も3人でシャットアウトー!」

栄純 降谷 川上も息をのむ

「やべー!轟の球超ヤベー」

「雷市どうした!?」

「ナイスまぐれが!」

「今日は特にいいじゃねえか!」

盛り上がるクラスメイトやチームメイト

 

成宮「どう見ても急造投手だろ!すぐボロが出るさ」

前回の中学球児のうちの1人赤松晋ニ

稲実に入学希望のためスタンドの成宮達に挨拶に行く

赤松「夏の甲子園見てました 成宮さん 尊敬する投手と速く一緒にプレーしたいです」

成宮「なかなか礼儀正しい少年だな」

照れている成宮

 

4回裏薬師の攻撃先頭打者は雷市

IMG_5958.JPG

御幸「・・ランナー居ない状況で勝負出来るんだ・・攻めるぞ ノリ」

次回へ

 

打席でもかなりの意気込みを見せてくれた川上..!

今回もちょっと注目してしまいました..

またどうやら雷市の投球はまだまだ調子が良さそうなのでこのまま暫くは続投となるのか、

となるとだれが最初に打ち崩していくのか..

それから「ー攻めるぞ、ノリ」なんてこれまた御幸がかっこ良く言ってくれておりますが

なにか川上の右手のしびれ..これがちょっと不安要素な気も.. 特に、変化球で勝負していくとなると

やっぱり影響がでてもおかしくはないと思うのですが.. その辺もまた次回の注目ポイント?なんでしょうか..