コミックスは最新8巻まで発売中!!

テラフォーマーズ 第93話 感想 ネタバレ 注意

NO PLACE TO HIDE 群体

冒頭 本田博士と グスタフによりバグス手術から

MO手術へ発展したことで更に「原始的な」生物の能力を使えるようになること

そしてそれが人類史を根本から変えうるということが語られる

 

「なッー!」

爆「地下の爆ですー」

無線で報告しようとする爆 マルコスが攻撃を仕掛けるが 銃撃で仲間がやられていく

慶次「フンッ」

ドカ!

変態し地上への穴を開ける慶次

マルコス「避難しろオオ!」

バキン ドシャアア

マルコス「ハアッ ハアッ・・・!」

格闘戦の末爆の首を折るマルコス

「きゃあああ!」

爆「はいみんなー止まってー  このこ○ぬよ」

マルコス「!!?・・・・は・・・・ッ!?」

別の?爆に捕まるペギー それに困惑しているマルコス

ペギー「みんなー 走って!!」

IMG_5945.JPG

背中からハリを出しひるませた隙に拘束を逃れるペギー

マルコス「こいつは俺が! 離れろペギー!!」

慶次「放射線は視えない! 今のうちに俺と技術者は館内へ!」

爆「わわわ 紅ちゃんちょっとタンマ!!」

マルコス「ペギー!! 地雷から離れた位置にもう一度穴を掘ってくれ!非戦闘員はそこにー」

 

IMG_5944.JPG

しかしそこには新たなるテラフォーマー(オニヤンマ型?)の大群の姿が

「じょう」

次回へ

 

何人いるんでしょうかこの爆くん.. 群体、とあるのでまさか数百人単位では余裕で数を増やせるということなのか..

ちなみに、登場してきた当初からなにやら雰囲気があれなキャラだな..とは思っていましたが..

なるほど今回の描写を見てなにかちょっと腑に落ちたような..そんな気もしています

そりゃ確かに群体、というか自分の個体一人二人が命を落としたとしてもさほどダメージはない?

と考えて行動しているのならばあんな風な言動にもなりそうというのもあるのかもなと..

ある意味、軍隊としては、組織の一員としてはかなり優秀?な部類には入りそうな能力ですが..

その実力はこの火星のテラフォーマー達にはどれほどに見えているんでしょうか

流石にその戦闘能力はテラフォーマーに圧倒的に?軍配

どちらかと言えばその繁殖力?てきなものもテラフォーマーたちのほうが優れているのではないか…といった印象なのですが..

今後爆くんの、その力の真の実力を、どこかでド派手にお披露目!といった回をみてみたいなと期待しております..

最新記事を即お知らせ