【ネタバレ】i・ショウジョ 9 感想【注意】

Ver 3.02 オリジナル

 

スカートをはいてない多桜が落ちてきた

梅也「ス ス ストップ!」

多桜は悲鳴をあげながら梅也を殴る

梅也「六仙のコピーが命令を聞かない?
遊園地の乗り物は聞いたのに…」

多桜「今お風呂に入ろうとしてたのに…なんで?ココ…夢!?」

梅也「そうか!命令を聞く訳じゃないんだ!
乗り物もいいタイミングで止まっただけ!
なんにせよこんな六仙とは戦えない!」

削除しようとスマホを出す

が、その手を多桜に止められる
「写真撮る気か!?夢でも不快だ!!」

削除するつもりだった指が動かされもう一度コピーに入る

今度は上下とも下着姿の多桜が落ちてくる

梅也「六仙が2人!?」

「なんで私がもう一人!?」
「夢以外ありえないだろ!?」

梅也「六仙同士ケンカするな!!」

「うるさい!」殴られる梅也

そしてまたスマホの手を動かされ計5人になる多桜

更に動かされ多桜だらけに!!

なんとか削除した梅也
「六仙ごめん! 時間を置いてコピーだ…
たしか夜も稽古するって言ってたな」

待ってる間、色々考える梅也
「いくら強くても女子 それでも戦いたいなんて…
あいつはそんなオレをどう思ってるんだろ
何とも思ってねーか…オレだって何とも思ってねェ!
でもだったらこの写真はなんだ?
こんな写真大事にしてて オレは一体…いや…戦えば分かる!」

気合いを入れ多桜をコピーする

空手着姿の多桜「…夢?」

梅也「オレのな!」

戦う二人…

多桜「強くなったね!八豆君 いい夢だった!」

消えてゆく多桜、そしてアプリ

梅也「むかつく…だけじゃない
あいつのおかげで頑張れた 再会できて嬉しかった
そして認めてもらいたかった」

翌日、もくもくと練習に打ち込む梅也
「(むりやり認めさせたいんじゃない!)」

飲み物を梅也にあげる多桜

梅也「スマン…うざかっただろ今まで…」

多桜「気にするな!いつも迫られて
スケベな奴と思ってただけだ
でも案外スケベじゃないのかもな!」

梅也 「(オレが認めてるように認めてもらいたいんだ!)
六仙!男も女も関係ねェ!いつかお前よりも強くなる!!」

多桜「望むところだ!」

次回、i・ショウジョ 10 へ!!

次の舞台は生徒会のようです!!カリスマ生徒会長様あらわる…!!

最新記事を即お知らせ