ダイヤのA 第375話 感想 ネタバレ 注意

コーチャー

↓↓

2回表 2アウトランナー3塁
9番麻生の当たりを雷市がジャンプキャッチスリーアウト

 

「今あの子超飛んだよね」
「あれが轟の本当の姿!?やばいやばい 超やばい!」
雷市のクラスメイト達も驚きの表情

2回裏
試合前
片岡監督から「この試合はどのバッターが相手でも絶対に逃げるな」
「強気な姿勢で勝利を呼び寄せろ」

そういわれていた川上は
強気に勝負する
「しゃああああ!」
6・7・8番を 抑える
片岡監督「良いボールだ 上位打線にもその姿勢でなげろよ」
川上「はい!」

3回表 青道の攻撃
「打順は先頭に戻り 1番ショート倉持君」
カッ
ショートの頭上を超え出塁
「2番センター東条秀明君」

片岡監督「薬師先発の三島優太 負けん気が強く投手としてもなかなかいいものを持っているが・・」
「連投となるエース真田を早めに登板させるためには この投手を粘らせてはいけない・・・」
「甘い球は積極的に狙え!」
「走者はつねに前の塁を!」

「エンドラン!」
三島「ランナーもうあんなところへ!?」
「ランナー3塁を蹴ったぁ!」

 

273

倉持がホームに滑りこむ
その俊足に唖然とする一同

次回へ

 

アレが轟の本当の姿!?やばいやばい!超やばい!!

かなり好感度、というか株を上げまくっております雷市!

見ているこちらもなんだか嬉しくなってしまうような..

しかし打っても守ってもここまで活躍、沸かせるとなると..これはもうクラスの中でも人気者..

とはいかずとも、既にかなりの部分見る目は変わってきているんではないでしょうか..

確かに、クラスにこういう子ってちょっといたりもしたなぁ…なんて思うとなんだか懐かしくなってしまうような気もしますが..

そう思うとやっぱり高校野球、学生スポーツものはいいなとなんだかこういった部分でも再認識させられてしまいました..

また雷市だけなくノリ先輩!そして倉持!この二人、先輩陣も大活躍です..

いきなり三人を抑えた川上も頼もしく感じましたし、あんな風に監督が言った直後にいきなり!エンドランをかました倉持先輩もさすが..

一気に雰囲気が盛り上がってきた気もしますが.. となるとここは逆襲がこわいところ、

次回からは早速..?といった感じになってしまうのでしょうか..