恋愛暴君 ネタバレ 第18話

 

前回茜に言われた事を考えているグリ
茜「恋ってものは 嬉しい時も 悲しい時も
ここ(胸)が切なく痛むものよ」

茜のナイフを胸に向けるグリ

それを止める青司「ばばばばばか何してんだよ!!
おおおお前どうしたんだよ!!悩みでもあるのか?」
グリ「はぁー? いやー胸が痛むってどういうことかなって
漫画やアニメではよく聞く表現なんですけど
とりあえず物理的に体験してみようかなと」
青司「はぁ!? …っとにお前の考えてる事は
わからんというかわかりたくないというか…
とりあえず怖いことすんなよな」
グリ「大丈夫ですって 死なないんですからー」

グリの頭をポンと触る青司「そうだとしてもだ
やめろよ 自分で自分傷付けんのは 周りが悲しむだろ?」

今日は夏祭りがあるらしい
グリが一緒に行こうと言うが茜と先約がある青司

ピンポーン
茜「こんにちわ青司くん? 水族館行きましょっ」
柚「二人でなんて行かせませんわ!!」

グリにも一緒に行こうというがふてくされて断る

グリ「青司さんについてきてもらわなくても
一人遊びくらいできますもんね!!」

漫画の発売日らしく本屋に行くグリ
高い所の本を取れずに苦戦しているとイケメンが手助けしてくれた

グリ「あの… つかぬことをお訊きしますが
あなた男性は好きですか?」
イケメン「う…うーん どっちかと言えば女性が好きかな」
がっかりするグリ「そうですか…」
イケメン「っていうか俺は君みたいな子がすきだなぁー なんてっ」
グリ「軽っ」
イケメン「あっ やっぱそうだよね そう思うよね!」

お茶に誘われて行くことに
ゲーセンやらなんやら楽しんでるグリ
ケーキ食べながら青司の愚痴言ったり

夏祭りもイケメンと一緒に行くことにしたグリ
一通り楽しんだ後、人のいない神社に座って花火を見る二人
口説かれて肩を引き寄せられるグリ
キスをされそうになるが青司のことがふと思い浮かぶ
そしてイケメンに目潰しをかますグリ

イケメン「ぎゃあああ おっ 奥にまでぇぇぇぇぇ
ななななぜなんだい!?」
グリ「はっ すいませんつい なんか… 嫌でした
自分でもびっくりするぐらいトリ肌立ちました
あなたはすごくいい人です
青司さんの何倍もステキな人だと思います でも
遊んだり 手をつないだり キスしたりは 青司さんの方がいい
今日はいろいろお世話になりましてありがとうございました
私帰ります!」

走り出すグリ「帰んなきゃです…それで…青司さんに…」
慣れない下駄につまずくグリ
そこにちょうどいた青司「あっぶないな こんな人混みの中走るなよ!」

青司にキスするグリ「うん 青司さんは気持ち悪くないですね」

般若の面を被った茜と柚が来た
茜「どうしてチビ猿がいるの?」
グリ「茜さんの言う痛みはわからないですが でも
多分私は青司さんがいいんです」

先程のイケメンは魔王に操られていたらしい
魔王「ふーむ グリちゃんは難しいなぁ」

茜の母が樒のもとを訪れる
茜母「あなたに訊きたいことがあって来たの
あなた最近 茜さんに会ってるんでしょ?」

 

DSCF7789

樒「えーとぉっ☆ さてさてどうする青司きゅん」