ジャンプ・東京グール・ワンピース・ハイキュー・キングダム 最新あらすじ/確定ネタバレ注意!!まとめ速報 考察・感想・投稿ファンサイト|

東京喰種:re トーキョーグール135 感想【ネタバレ注意】

 


東京喰種:re コミック12巻

石田スイ  (著) ヤングジャンプコミックス(集英社)

発売予定日:2017年7月19日~

収録話 123話「フェイル」~132話「2つの意味で」

※飛び先はAMAZON。アフィなし


 

東京喰種:re トーキョーグール135 感想【ネタバレ注意】

夜がくる : 135

 

誰が『その組織』を作ったか、知るものはすくない ヒトも喰種も分け隔てなく愉快に混乱させて、喝采を浴びる それは

 

 

『ー物心ついたときに親はおらず、自分が “ただの一人” と知る』

 

 

 

 

 

 

 

冒頭は どうやらかつてのロマの描写から

『ー腐肉を漁って暮らした』

『新鮮な肉が欲しくて 人を◯めたのは7歳のときだった』

 

 

『肉の味を覚えてからは絶え間なく◯し続けた』

『喰場のためや 退屈しのぎに同種も◯した』

『やがて “虐さつ生物” のなかでも とりわけ自分が “特別な個体” と知る』

『血の匂いを嗅がない日はなく ”シ” に触れ続けた』

『生き◯にすら平坦な毎日を繰り返し 突然、気付く』

 

『 “飽きた” 。』

 

 

『隣に広がる華やかな “社会” という国』

『自己利益、浅ましい欲望のために 必しで “ごっこ遊び” を続ける彼ら』

 

『児戯のように手足を捥ぐ対象でしかない “人間” を』

『はじめて羨ましく思った』

 

 

『なんと醜く、弱く、哀れで、楽しげか!』

 

『もっと彼らをかき乱したい 無惨に◯したい 情けなく生かしたい…』

 

 

『彼らこそ 神から私へ与えられた “パンとサーカス” !』

 

『(そして私は ”ピエロ(道化)” をつくった)』

 

 

 

帆糸ロマ

本名・なし

改名・数え切れないほど…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年齢 51歳

 

 

『( “派手なパーティ” のあと 楽しい独り暮らし)』

『( “白鳩” は私を創設者とは知らない ピエロたちですら自分たちが誰の庭にいるのかわかっていなかった)』

『(処分は先送りにされた)』

と どうやらコクリアにいたころ また入った直後 ?のリオの描写も

 

連行されるようなリオ「ー兄さんに…兄さんに会わせてくれっ」

キジマ「クヒヒ…あとで会わせてあげましょう…ただし…」

「あなたが思うより ずっと “小さくなって” いるかもしれませんが…」

 

「ジェイル…いや、」

「リオくん」

 

 

ゆったりと 床に横になるようなロマ『(ーここでは誰も正気ではいられない)』

 

『(私は “新しいサーカス” にそこそこ満足していた)』

 

 

『(夜毎、収容者が発狂していく奇声のコーラスは眠り歌に丁度いい)』

どこからか 「ーギャアアアア」との声が

ロマ「ー♡」

 

『(なにをしようがどこにいようがルールは変わらない…)』

『( “楽しむ” だけだ)』

 

 

 

看守ら『ー “コクリア破り” だ!!』

『総員戦闘配備!!』『アオギリだ!!急げッー』

 

 

タタラ『ー…』

 

『SSピエロ… “ジプシー” だな』

現れたタタラ

 

ロマ『…いつの名前で呼ぶのよ かわい子ちゃん』

『なにか用?』

 

タタラ『俺たちは “アオギリの樹” 』

『これから先を “喰種” のための世界にする…解放するかわりに力を貸せ』

ロマ『 “喰種” のため?』

 

タタラ『”喰種” 中心の社会だ』

 

ロマ『ぷっは!!』

「舞台に上がってなにが楽しいの?」

 

「私は外野から野次を飛ばす観客 高みの見物 つまらない試合はぶち壊す」

 

「そういうのが大好きなの あんたらのドグマとは合わないわ」

タタラ「そうか」

 

「では◯ね」

 

 

が 赫子で仕掛けたタタラを飛び越しロマはひとり通路へと

 

ロマ「ありがとねえ 馬ー鹿」

 

 

やってきたエト「タララさん SSの独房で面白い子見つけたよ」

タタラ「…」

エト「頭はパーだけど 赫子を4種とも使えるの」すごいね

 

リオ「ーおっ にっ」

「にいさ あにー」

 

 

 

 

 

 

 

 

エト「そっちは?」

タタラ「逃がした 説得も不可能に思う」

エト「…そ 無理ないか」

タタラ「まだ鯱がいるー」

 

ウタ「ー久々の古巣だね ロマ」

「君がいない間に面白いものが現れたよ」

ロマ「なになに?」

 

とウタがロマの伸びた髪をきっている描写も

ウタ「 “隻眼の喰種” 」

 

「いまは “あんていく” で働いてる」

ロマ「 “V” の功善ンとこ? へー楽しいね バイトしちゃおっかな」

ウタ「紹介しよっか」

 

「それと…」

「ピエロの “新しい顔” も」

 

ロマ『(彼は “喰種捜査官” だと自称した)』

 

『(疑ったが手帳を取り出してみせたので爆笑。)』

 

 

『(…面白いネ。)』

 

背景 旧多

 

 

 

ロマ「ーぼっちゃん」

「私たち “喰種” と人間の “共通の敵” ってなんだと思う?」

 

「 “退屈” よ」

 

瓜江は 数カ所を串刺しに

「これは治りの悪い風邪みたいなもんで ちゃーんと治療しないと “生きるとは?” みたいなのが始まる…」

「状況を変え 刺激を浴び続ける…それが最高の治療法 この世はサーカス」

「すべてはたのしい無意味」

 

「(パレード”快楽提供”しておくれ かわいこちゃん)」

 

「(ーあのときの(数十年前の) “地下の王” みたいに)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「(それがかなうなら、私は舞台にだって上がる)」

 

 

と強かに瓜江は壁面へと叩きつけられ もしゃ と床の上へ

→次のページへ

最新記事を即お知らせ

コメント

 
 
表示する順番:   新着順 | 古い順 | 評価順
名無しの伝承者

ウリエwwどこまでネタ要員なんだよ
可哀想すぎるw
腹の中で暴れてほしいな

名無しの伝承者

漫画の影響力ってのに新しいバレが載ってるらしい

名無しの伝承者

ピエロの新しい顔ってヒデ?

バレしまーす

136話
超簡易

ハジメvsヒナミ
オッガイに立ち向かうとする0番隊のところに宇井が邪魔に入る
場面変わり…
黒巌vsシコラエ&ロマ
シコラエに右腕をもがれそうになる黒巌
倒れながらそれを見ていたウリエ覚醒
ウリエがシコラエの左腕を切断しロマに立ち向かうが
ロマにペチン(潰される)されて食われる

次週へ

名無しの伝承者

136話簡単ネタバレ
地下でトーカvsハジメからトーカ劣勢のところに0番隊到着。
ハジメの方にも仲間が居るっぽい。

いわっちょはロマにボコられ腕の骨折られて殺されそうになるもウリエが起き上がり助ける。そのままリオの腕切り落としてロマに特攻するも2コマでぶっ飛ばされてロマに食われて終わり。

名無しの伝承者

誰も知らなかった…ガンボがピエロの王と言うことを…。

名無しの伝承者

無印読み返すとなんか安心する

名無しの伝承者

クインクスのシャオジンリーだけゲートシステム発動してるのは
庭の出身者だから?

名無しの伝承者

それで合ってる
読解力ないガイジはほっとけ

名無しの伝承者

何言ってんのキミ

名無しの伝承者

管理人は何で変なしゃべり方してんの?
改行キモイんだが・・・

名無しの伝承者

あした「最新作」のネタバレwですか?

名無しの伝承者

なんでもかんでも低評価するやつなんなん?

名無しの伝承者

バットボタン押したいという好奇心を抑えられないでいるガキだと思います!、

名無しの伝承者

めっちゃおって草

名無しの伝承者

re5巻35ページのグールって誰〜?

名無しの伝承者

オッガイの中ではじめが一番強いの?

じゃねーの( ̄∀ ̄)

通りすがりの童帝

バレ載せなくなったね
まあ、ヤンジャン買えってことですわ

名無しの伝承者

今週はバレないみたいですねー

名無しの伝承者

もう少しでお盆だから休載とかじゃないの???

名無しの伝承者

無印の最後の方の金木が何十体もあるわけやろ。オワタナ

伏線がきちんと回収されることを祈る
(顔に数字がある→タロットとかでなくて)

名無しの伝承者

ヒデしね

名無しの伝承者

山のようなbadで草

名無しの伝承者

申し訳ないがひでとヒデを混同させるのはNG

確かに、良いコメントが探しにくくなってるよなぁ
改良してるつもりがユーザーからはそうでないってのはよくある話だけど残念だな。

そしてほんとに画像見れなくなってら
来週には改善されてますように…

名無しの伝承者

もうネタバレは見れないのかね… 他のサイトも○んでるし

名無しの伝承者

評価ボタンはあってもいいけど、コメントが何ページになったのが非常に見づらいし
一気に見れるのがここの良さだったんだが
(;一_一) 某サイトより遅くてもそこがこのサイトの利点じゃね?

名無しの伝承者

某サイトは完全に死んでます。

wpDiscuz