【ネタバレ】弱虫ペダル 450 感想【注意】

RIDE.450 追いつく!!

◎決意を固める手嶋!! 先頭を目指して…!?

手嶋「(いくんだよ……ゴールに!!)各自ペースをもっと上げろ!!

この平坦区間で前をつかまえる!! 箱根学園はまだ先だ!!」

「ここで離されたらレースが終わる!!」

「「はい!!」」

「はいな!!」

「うす!!」

「コク!!」

 

6人揃え、チーム総北フル加速!!!!!

そして舞台は最終局面へ…!!

 

「来たぞ総北だ!!」

「速ええ!! 追い上げてる!!」

「てかいつの間にか6人揃ってる!!」

 

必死に箱根を追いかける総北メンバー

 

「すげぇ圧だ!!」

「速ええ!!」

「あれマジで――――

「さっき通った前の箱根学園に追いつく気だ!!」

「マジかすげぇ!!」

「できんのかそんなこと 何分差だ!?」

「全員気迫が凄かった 可能性はあるんじゃないのか」

「そうなったらスゴいね」

「今の6人…表情ヤバかった」

「特に前引いてた3人!! 6番 鏑木 2年 鳴子 3年の青八木!」

「……すげえな“青八木”…」

「! 知ってんのか!」

「いやオレ気になって昨日からチェックしてんだけだよ

1日目はスプリントやって3位

2日目はチームメイトを最初の山で救出してる

そんで速報によると さっき5番を集団から引っぱりあげてる」

「マジか!」

「更に今も前で仕事してんだ スゴくないか?

派手さはない 目立った成績もないけど

チームには欠かせないんだよ そういう地味だけど仕事のできるヤツ」

「男が一番シビれるタイプだ!!」

 

青八木「はあああ!」

気合声を出して総北メンバーを引っ張り上げる青八木

鳴子「どぉした鏑木!!」

鏑木「!」

鳴子「今まで仕事しとった青八木さんの方がキバっとる!!おまえの引きはそんなモンか!!」

鏑木「ぐ!!」

 

鳴子「もっと本気見せんと前のハコガクさんには追いつかんで!!」

鏑木「つかってますよ!!

代わります つうか青八木さんがスゴすぎてどうかしてるんすよ!!ほうるああ!!」

前に出て全力でペダルを踏む鏑木

 

鳴子「(そうや それでええ鏑木 めいっぱいで いけ!!)」

鏑木「(くっそ くそ!! くそ!!)」

青八木「(追いつく!! 必ず箱根学園に!!)」

 

手嶋「!(見えた!!)」

 

給水ポイントに差し掛かる総北

「給水所だ!!」

「古賀さん 杉本…マネージャーや!!」

 

「純太!!」

「やった6人揃ってる!!揃ってるよ!!」

「2番手通過は総北です!!」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ