【ネタバレ】弱虫ペダル 448 感想【注意】

RIDE.448 「デスゲームの結末」

 

◎呆然とする浦久保。目線の先には…?

橋の欄干までのスプリント勝負――――

総北 手嶋――――

 

先着――――

 

浦久保(なんでじゃ…勝つはずじゃった

あの手嶋とのスプリント勝負は――

この勝敗は手中にあった)

(しとめるはずじゃった 大物 総北を)

 

(片手で押しながらスプリントするなんて―――

メチャクチャなことを ヤツらが考えつかなければ―――

メチャクチャじゃ… 普通ならもうスプリント体制に入った段階であきらめるんじゃ

5番を勝たせるためには5番を引くいうのが ロードレースの常識じゃ)

(それを押すなんていうのは――― どうかしとる…!!

なんてチームじゃ…総北はァ…)

 

 

手嶋「悪いな浦久保 この勝負オレの勝ちだ

返してもらおう預けていた――― オレのセンサーチップを!!」

 

浦久保《このチップ 川の中に捨てるいうのはどうじゃ 「負けた者は川の中に」―――

 

ゴソ

手嶋のセンサーチップを後ろポケットから取り出す浦久保

 

ドッ ドッ ドッ ドッ(心臓の音)

浦久保(あった…)

(まだ「手」が――― 「コレ」が!!

王者 総北のォ一角を切り崩す 方法が!!)

手嶋「!」

 

浦久保(これで「存在」そのものを 消す!! 投げ捨てて!!)

センサーチップを投げようとする浦久保

手嶋「!!」

青八木「純太のチップを」

 

センサーチップを投げ捨てようとしていた浦久保を止める庭妻

庭妻「やめろ優策 チップは返してやれ」

庭妻は浦久保からセンサーチップを取り上げ手嶋に投げ渡す

 

浦久保「な オイ…庭妻!返してどうんじゃ

あれは最後の――― どうすんじゃ一体

どうやってあの大物をこれからしとめるんじゃ!!」

 

庭妻「漁は終わりじゃ 獲物が獲れん日もある

ワシらの仕事は終わった―― それだけじゃ

“ボーズ”いうんじゃろ 魚がとれんかった日のことを」

 

父《今日はボーズじゃ 仕方ない 港 戻るか優策》

浦久保《……うん》

父《そういう日もある》

浦久保《…うん》

 

浦久保「庭妻ぁ… ワシは… ワシは…ワシはな」

庭妻「そういう日もある」

 

浦久保《庭妻ぁ…庭妻が欲しいもんは何じゃ》

庭妻《……ロードレースでの 勝利じゃ》

 

浦久保「ワシはおまえが おまえがほしいいうからしかけをして

空気をよみ他をけおとして突っ走ってきたんじゃ」

「あの日 ワシに手をさしのべてくれたおまえが!!

じゃから最大級の大物を――

浦久保を抱き寄せる庭妻

庭妻「もう…ええよ ありがとうじゃ優策

わしは知っとるよ おまえは花に水やる優しい男じゃ

ただ少し人づきあいが苦手で 少しいきすぎたところがあるだけじゃ

昔とぜんぜんかわっとらんワ

純粋でまっすぐで ただ「天才」すぎるがゆえに

まわりから理解されんだけじゃ」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ