【ネタバレ】弱虫ペダル 446 感想【注意】

RIDE.446 青八木、最後の望み

 

「のこり400m!!」

◎橋の欄干まで最後の直線!!

闘いは、最終局面に突入!!

東村「やった並んでる!!のこり400mで

庭妻さん 浦久保さん 総北 手嶋 青八木」

最後の死力を尽くす4人!!

 

勝利を確信する、広島呉南!!

決着が近づく状況に総北は…!?

 

東村「それは即ちボクたち広島の勝利を意味する!!

最終スプリントで2人の勝負になれば総北 手嶋は浦久保さんに絶対に敵わない!!

完璧ですよ!! この勝負!! 完璧に浦久保さんの思惑通りだ!!

チップをかけさせクライマー手嶋に狙いをさだめバトルに持ち込みこの状況を造り出した!!

やり方はメチャクチャだ―――だが

浦久保さんの相手をしとめるという勝利への執念はすさまじい!!

最後まであきらめなかった者が勝つんだ ロードレースは!!

敗北は確定ですよ総北!!」

 

ドクン(青八木の心臓の音)

青八木(オレのミスだ)

 

青八木(この並ばれてる状況―――

のこり800mでとびだした時オレが

少し躊躇してフル加速できなかったせいだ

オレに完全に迷いがなければ

純太を連れてヤツらに差をつけることができた

そのはずだった―――

すまない純太―――――)

 

手嶋(青八木―――― ヒザが――――

険しい表情していた手嶋が笑みを浮かべる

 

「残り300m!!」

nopc]

手嶋「すまねェ青八木!!ムリさせちまって!!けどもう少しだ

あと150mだけ引いてくれ そっからオレはスプリントする

そしたら………ゆっくり休んでくれ

ありがとよ ここまで引いてくれて」

青八木(純太……笑ってる 声でわかる

何で笑うんだ…何でそうやって笑うんだ純太

オレはいつも――――

おまえの その明るさに心 救われるんだ―――!!)

 

 

青八木の過去回想―――

 

オレは暗い―――

昔からそう言われてきたし自分でもそう思ってた

1人で練習できるという理由で始めた自転車も

レースは1人でエントリーして1人で出てた

 

受付「えっエントリー用紙?次のレースも出るってこと?……え?」

青八木「…」

受付「しゃべって」

 

誰のアドバイスもないからいつも前半トバしすぎて後半でおいていかれる

青八木「………」

そんな調子だった

 

レース後、出場選手の子供たちが話している

「おまえがあそこでいったからさ」

「あーあはは キツかったよなーあの坂」

 

青八木(今日のレースキツかった坂の話しをしてる

ちょっと楽しそうだ

……… ドキドキ ドキドキ

話しかけてみようか…)

 

ドキ ドキ ドキ ドキ ドキ ドキ ドキ ドキ

声をかけられず引き返す青八木

青八木(………… やめとこう オレたぶん何も話せない

オレ暗い上にマジメだから話つまらないってよく言われるんだ

ハジメじゃなくて”マジメ”って密かにクラスで言われてる…)

 

(高校入ったら部活入るか…総北は自転車部があったな

そしたら……誰かと自転車の会話できるかな)

 

そこで 純太と会った

→次のページへ

最新記事を即お知らせ