【ネタバレ】弱虫ペダル 445 感想【注意】

RIDE.445 闘う6人!!

◎6人全員を揃える箱根学園に対し、総北は…!?

観客

「来たぞ先頭!!」

「総北とハコガクだ」

「揃ってる!6人!! ガンバレ―――

「いけ――っ」

「ガンバレー」

「いや よく見たら総北は4人だ 2人 足りない どうしたんだ」

「4番と5番の3年がいないぞ」

 

今泉「………ヤバイな鳴子」

鳴子「何がいな」

今泉「このピリピリした空気だ――― 感じるだろう」

鳴子「残念ながら………メッチャ感じるわ!!」

ザワ ザワ

鳴子「箱根学園が今にもとびだして先攻しそうな空気だ!!」

 

今泉「この状況――オレたちは数的に不利

先頭に合流した時点で本来ならば箱根学園は とうの昔にオレたちを引き離しにかかってるはずだ

だが おそらく手嶋さんの犠牲で集団を止めたってのは向こうも認識してるんだ

それで泉田さんがチームに待ったをかけてる」

鏑木「! そういうことだったんすね!!

オレ内心”何で今いかないんだ ハコガク アホだなー”って思ってました!!」

 

今泉「フェアに……あくまでフェアに勝つつもりだ箱根学園は!!

しかし温情で待ったをかけられる時間はそれほど長くない」

鳴子「そろそろ来る思うたけど 手嶋さんたちどうやら何かで足止めくらっとる……!!

さすがにそれが来るまでのんびり待ってくれるなんてコトは」

今泉「ああ!! 絶対にない!!」

小野田「“足止め”…!!」

鏑木「……!!」

今泉「備えろ ヤツらの動きに合わせてオレたちは加速する」

 

がしっと強くハンドルを握る今泉と鳴子

苦渋の決断を迫られて鳴子はギリっと歯を噛む

鏑木「あ――くっそ!!」

ガンっとハンドルを叩く鏑木

今泉・鳴子「!」

 

鏑木「くっそ!! やっぱり最後だったのかアレが!!」

小野田「鏑木くん…」

鏑木「て ことですよね?加速するってことは

先輩たちが何かに足止めくらって追いつかないってことは」

「さっきのあれが 青八木さんと走る最後だったってことになるんですよね」

暗い雰囲気になる総北

今泉「そうだ 勝つためには仕方ない」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ