【ネタバレ】弱虫ペダル 444 感想【注意】

RIDE.444 「待宮と浦久保」

 

◎練習が終わり、談笑しながら帰路につく広島1年生だが…!?

ワシたちが入部したときの呉南は2年生の待宮さんって人がエースで部をしきっとって

夏のインターハイ 広島大会 地元開催に向けて 盛り上がっとる最中じゃった

 

里崎「いやぁ今日の練習もキツかったのう庭妻ぁ」

庭妻「いやホンマじゃ里崎 あの発電所のとこのストレート ヤバかったワ

経験者のワシらは特にメニューが多い おかげで足がスカスカじゃ」

 

里崎「仕方ないか 地元開催のインハイじゃけのう

塩野と今日話しとったんじゃ

もしかしてオレら4人の経験者の中から誰か

インハイのメンバー選ばれるんじゃないかって」

庭妻「おお 1年でインハイ…せっかくなら4人でいきたいのう!!」

 

庭妻「なァ優策インハイじゃて」

ぶつぶつ何かを言っている浦久保

 

里崎「浦久保は少し変わったやつじゃのう」

塩野「練習じゃ速いけどのう」

 

庭妻「おい優策 インハイじゃ わかるじゃろ」

浦久保「あ…ああ」

庭妻「難しいとこあるが悪いヤツじゃないんじゃ」

里崎「入部の日からずっとそんなじゃのう」

塩野「はは」

 

浦久保「………ブツ

庭妻「お 何じゃ 言うてみろ思いきって」

 

浦久保「ワシ 待宮先輩をしとめる」

塩野・里崎・庭妻「え」

浦久保「あれは大物じゃ」

 

庭妻「ハハハハハ 何を言いだしとるんじゃ優策ぅ――――!!」

里崎「なんか目がマジじゃったぞ…」

庭妻「いや いや いや

目標にしてがんばるっちゅう意味じゃないんか?」

里崎「ああ…なるほど だったら問題ないのう」

 

庭妻「………(……優策…!! 優策のこの目は本気の目じゃ ワシにはわかる…)」

庭妻「いいか優策 目標はインターハイじゃ いいか 部内の誰かは敵じゃない」

浦久保「え」

庭妻「皆と仲ようして 練習がんばろうや!!」

浦久保「ああ……」

 

ワシは危惧した

優策がおかしな行動をしないか しかしそれは

 

すぐ現実のものとなった

井尾谷と待宮の間に無理やり割り込んでいく浦久保

井尾谷「あ!? 1年 コラ何やっとんじゃ

ミヤとワシの間に強引に割り込んできた!!」

 

優策の中の何かに引っかかったんじゃろう

部のエースで2年生の待宮さんに異様なまでの執着をみせた

 

■広島・呉南をまとめる”大物”をしとめに入部早々、いきなり衝突!?

 

 

井尾谷「練習中にラフプレーして大事なエースにケガさせたらどうするんじゃ1年!!」

浦久保「すいません 井尾谷さん」

 

スウッ

ゴン!

故意に待宮のハンドルにぶつける浦久保

待宮は大きくバランスを崩す

→次のページへ

最新記事を即お知らせ