【ネタバレ】弱虫ペダル 441 感想【注意】

RIDE.441 「焦る広島」

青八木「どうした浦久保 もうボトルは落とさないのか?」

浦久保《ワシの大事なボトル 拾ってくれんか》

レース前の出来事を思い返す

青八木「今度はひろうつもりはないがな!!」

◎浦久保に啖呵を切る青八木!!

 

東村(総北!!)

庭妻(3年 青八木!! 優策に加速で追いついた!!)

不機嫌そうな顔をする浦久保

浦久保「何じゃ スタート前はあれだけヨタヨタ歩いとったヒヨドリが

まだまだとべます……いうことか」

庭妻(ヒザを負傷しとったんじゃないんか!!)

 

浦久保「橋の欄干までのこり3km…

その最後の距離ならワシをきっちりおさえこめる そう言いたいんか…」

青八木「…………」

こくりと頷く

青八木「スプリントバトルはかけひき戦だ

空気をきりさくおまえの走り あれを出すタイミング少し早かったようだな!!

ああいうのは最後までとっておくものだ」

庭妻「………!!」

東村「!!」

手嶋は笑みを浮かべる

 

庭妻「優策!!」

大声を上げる庭妻

浦久保「ん?どうした庭妻」

庭妻「!! どうした…て

しっかりしろ優策!! 追いこまれて口数が減っとる 大丈夫じゃワシらがついとる!!

言うてもこっちは3人!! 3対2じゃまかせとけ」

前に飛び出す庭妻と東村!

庭妻「次はワシたちが出る!! いくぞ東村!!」

東村「はい!!」

庭妻「ワシらで総北の連中を引きずり回して足を削るんじゃ!!」

東村「はい!!」

庭妻「はりつけ優策!!」

浦久保も庭妻、東村の後へと続く

手嶋「動いた広島!」

青八木「はりつけ純太」

手嶋「うっく!」

青八木「追う!!」

 

広島を追いかける青八木と手嶋

 

東村「来ました総北!!」

庭妻「当然じゃ これはバトル!! 逃げたら追ってくる!! 必然じゃ!!

ともかく!! まずは東村ぁ…

おまえがワシにしっかり引き離されんようにせぇよ!!」

東村「うっ… は…はい!!」

 

東村(庭妻さんのプレッチャーが変わった!!

この人も浦久保さんと同じく『スプリンター』だがタイプが全く違う!!

この人の真骨頂はダンシング!!)

庭妻「ちぎれろ 総北!!」

東村(加速しながらなおかつ ペダルに体重をのせる!!

パワータイプ!!

速い!! すごい!! 浦久保さんとは正反対の――)

風や地形を完全に無視して直進するタイプなんだ)

 

「ついたアダ名は

呉のブルドーザー!! 呉南工業3年 庭妻繁典さん!!

この人は 人間重機なんだ!!」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ