【ネタバレ】弱虫ペダル 440 感想【注意】

RIDE.440 「手嶋の誤算!!」

 

手嶋「うおおおお(誤算だ このバトル絶対に頭脳戦で仕掛けてくると思ってた

広島キャプテン浦久保…!!)

◎グングンと加速する浦久保!! 手嶋も必死にくらいつくが!?

 

空気の間を切りさきながら走る男!!

空気を切り裂き進む驚異的な加速力!! 浦久保優作、躍動!!

浦久保「ウラァラァ」

手嶋(速い!!!

軽妙な言葉と身ぶりでハッタリやブラフをしかけて敵を追いこむ

“頭脳プレーヤー”だと完全に思っていたァ!!)

「正直 誤算だよ うおおおお」

浦久保との距離はどんどん離れていく

 

クイッ クイッ シュン

クイッ シュゥン クイッ クイッ

手嶋(く!! 細かいバイクコントロールで加速してやがる

まるで船の帆先を潮の流れに合わせて動かすように

ホイールで行き先を選んで 見えない空気の道を通りぬけるように進んでる!!)

 

シュウンと空気を切り裂くように加速する浦久保

浦久保「ラァア(どうじゃ総北!! 総北!!) 昨年 王者総北!!」

(追い込まれた気分はァ!! 驚いたか

読めんんかったか ワシの走りを!! 勝負あったのう!!)

「ナハ!! チップバトルで自分のチップさし出す時は勇ましかったがのう!!」

手嶋《やってやるよ!!》

手嶋「くっう 速い!! 差がひらく… チップが遠のく…!!」

 

「残り3.5kmォ」

ズキン

手嶋「うっく!」

ガードレールにぶつけた手嶋の右手が痛む

 

東村は後ろを振り向く

東村(総北手嶋…!!)

手嶋「……!! ハァハァ 限界だ……もう……ハァハァ ここまでだ…オレは」

東村(”あきらめた”か 自転車勝負において それは”死”を意味するんだ!!)

「やはりです!! この勝負 やはりつきましたね浦久保さん チェックメイトです」

手嶋「すまねェ…」

 

手嶋「出れるか青八木!!」

青八木「ああ純太!!」

青八木は大きく息を吸い込む

体が膨らむ青八木

東村(ふくらんだァ!!)

それを見ていた東村は驚いた

「酸素音速……肉弾丸」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ