【ネタバレ】弱虫ペダル 439 感想【注意】

RIDE.439 「デスゲーム」

 

◎浦久保から渡されたチップ…!!提案された闘いの条件とは…!?

手嶋(インターハイの公式記録用のセンサーチップ――――!!

スタート前に各個人のバイクに取りつけられる

ゼッケン番号と個人名が入った計測用のチップを――――!!

 

浦久保「もう一度 言おう ルールはシンプルじゃ

そのセンサーチップをお互いに交換しあって 平坦バトルを闘う そして

勝った方が相手のそれを川に捨てる!! デスゲームじゃ!!」

 

手嶋「記録用の…センサーチップを…」

(川に……!! 捨てる!!

これはレースにおける選手の…選手自身を示すもの!! 「存在」!!

こいつがなければ たとえこの先山岳ラインを何位で通過しようとも記録されない!!

重い!!

わずか100gほどのこのチップがやけに重く感じる!!

これをかけた闘い…!!負けりゃあ あとがない

けど それは相手も同じ!!)

 

青八木「純太!! 冷静になれ!

相手は3人だ 数的にこっちが不利だ

それにヤツがどういう手でくるかわから―――

手嶋「青八木 どのみちオレたちはこいつら越えていかなきゃチームに戻ることはできない

闘わなきゃならない そしてそれが今だ!!

敵のデータもねェ いろいろ仕掛けてくるのもわかんねェ

すまねェ青八木 条件悪いのはワカってるつもりだ………けど

オレはまだチームに戻ってやんなきゃいけねェことが残ってんだ!!」

手嶋《今度はちゃんとおまえを全力でサポートするよ》

手嶋は自分の前輪についてるセンサーチップをガシッと掴んだ

手嶋(まだ役目残ってんだ!!)

青八木(純太!!)

グッグッ メキッメキッ バキン(手嶋がセンサーチップを取った音)

手嶋「いいだろう浦久保 受け取れオレのチップだ

この先の橋の欄干まで平坦バトル やってやるよ!!」

庭妻「!! (総北!!)」

東村(このバトル受けた…!!)

青八木(純太!!)

浦久保「そうか」

手嶋からセンサーチップを受け取る浦久保

 

浦久保「よかったワ 話の分かる男で

バトルいうんはこういうギリギリのモンないと盛り上がらんけのう

じゃあ闘ろうかカワシマくん

橋まではざっと5kmくらいか…

ちょっとアップダウンがあるがほとんど平坦道のォ……

スプリントデスゲーム!開始じゃ!!」

浦久保「ウラアアア ラアア!」

凄い形相で全力で飛ばす浦久保!

 

手嶋(速い!!

何だ!! あいつ!! 速い!!

てっきり頭脳戦でくるのかと思った!!

バイクコントロールで滑らかに…空気の間をぬうように…なんだ!?

スキマをぬうように走ってる!!

加速の次元まるで違う!!)

→次のページへ