【ネタバレ】嘘喰い 514 感想【注意】

第514話 超俗なる者

 

ナレーション~

六回戦裏、創一〝C成功〟・・・・。

 

 

 

 

回想~ いつかのTVのインタビュー場面
蒼田絵子(天命の女)

「人には皆それぞれやるべき事と決まっている戦いがあります」
「これは私にとってのやるべき事と決まった戦い・・・私は確かめに来たのです」
「己の」
「天命を」

 

 

 

 

インタビューしている女性

「つまりあなたは」
「そのやるべき戦いの為に わざわざそんな身体で この公開処刑場に姿を現した」
「天命を確かめに!?」

 

 

「それは戦いではなくて あなたに騙された人達からの一方的な罰なのでは?」

 

「口からでまかせ」
「まやかしにオカルト・・・そうして人々から集めたお金でイイ思いをした罰でしょ?」
蒼田絵子(天命の女)

「一つ誤解を解いておきたいわ」
インタビューしている女性

「は?」
「誤解ですって?」

 

「今さらお金儲けするつもりなんて無かったとでも言いたいの?」
蒼田絵子(天命の女)

「いいえお金はたくさん欲しかったわ 対価として」
インタビューしている女性

「はい!?」

 

 

 

 

蒼田絵子(天命の女)

「私の能力を誤解してるでしょ?」
「スプーンを曲げたり宙に浮いたり」
「そういうものと同じように考えているのだとしたら違うわ」
「私は人間を見られるだけ」

 

 

 

 

インタビューしている女性

「?」

 

 

 

 

蒼田絵子(天命の女)

「たとえば挨拶が出来ない人がいたら

それをキチンと教わる環境にいなかった・・・とその過去が分かる」
「足りていない事によって起こるであろう不利益」
「補う為の道を示す事が出来るわ」
「単純だけど そういう事なの」

 

「私は私に分かる事を教える」

 

「ただ私に見えるものは 普通の人には複雑で理解し難いというだけ」

 

「世の中には」
「そういう事では補えない・・・どうしようもなく回避出来ない宿業というものがある」

 

 

「人災 天災」
「でも全てに確かな原因が存在するの」

 

「原因の元となった原因」
「全ての原因はその先にある原因の為」
「その原因にも更なる原因の為にあるの・・・」
「すべては数奇に繋がっている」

 

 

 

「あの人はこの子が超俗な者になると言ったわ」

 


「でも」

「私違うと思う」
「今になって見えたの」

 

 

(どうした?何か企んでるな絵子)
(お前は悪い女だ・・・)
「でもきっとあなたは一笑に付し」
「『そうでなくてはやはり超俗だ・・・』と言うでしょう」
「でも私には出来ない・・・」

 

 


「この子の引き寄せる因があなたを殺す」
「私の見えていた寿命よりあなたは早く死んでしまう」

 

 

「この子によって あなたは死ぬ・・・」

 

「私は死なせたくない・・・愛しているの・・・」

 

「たとえ超俗だとしても」
「だからあなたの業と同じように私は」
「賭けるの」

 

→次のページへ

最新記事を即お知らせ