【ネタバレ】嘘喰い 504 感想【注意】

第504話 最も避けるべきもの

 

ナレーション~

貘〝C〟、創一〝D〟三回戦表。

 
マルコ

「1分ちょうどに振り向けば必ず〝C〟成功」
「問題は開始時に落とされていれば最大1分量が溜まってしまう事」

 

「でもシリンダーに余裕があれば安心して1分ちょうどに振り向ける」
「だんだん分かってきた」

 
「貘兄ちゃんはあと2分は余裕があって」

「1分ちょうど〝C〟は最大で1分溜まってしまうわけだから」

 

「少なくとも2回はOK!!」

「2回までは安心出来る計算!!」

 
梟(安全策1分〝C〟)

(重要なのはこれをどう使いこなすか)

 
梶「貘さん」

 

 

能輪立会人たち

(そもそも開始直後に落とす事にリスクがある以上1分丸々溜まる事はそうそう無い・・・)

(そしてここからは相手より先に〝C失敗〟は絶対に避けたい)

(今回は〝1分C〟の安全策が最も理に適っている)

(当然そう来るのが濃厚なのはお屋形様も分かっているはず)

(安全策で来るなら落とす!! 開始直後に落とす!!)

 
時報~ (チッ) (チッ)

午前8時26分20秒をお知らせします

 

 

(なら振り向くさっ)

(落とすなら振り向く!!)
(振り向くようなら待つ)

(自爆を狙うまでよ!!)

(ど・・・)

(どっちや)

(ハンカチはもう)

(落ちとるんか? 落ちてないんか!!)

 

 

時報~ (チッ) (チッ)

・・・・・・・30秒をお知らせします

 

 

梶(30秒!! 無難な時間に突入した!!)

(1・2回戦ならば動きのあった時間帯だ・・・)

 
能輪立会人
(今ハンカチは)

(何処に在る?)
(床の上か手の中か)
(夜行)
(お前は今何を見ておる?)
(床に落とされたハンカチを横目に)

(「いつ振り向く嘘喰い」・・・と)

 

 

(その背を眺めイカレたギャンブラーの胸中を慮っておるのか?)
(それとも未だ落とされぬハンカチを睨めつけ)

 

(嘘喰いの自爆を狙っている切間に)

(「果たしてその希望・・・いつまで持てますかな?」)
(そう切間創一を値踏みしておるのか!?)

 

 

ナレーション~ 刻々と近づく 死の足音・・・。
能輪立会人

「存分に楽しめ立ち会いを!!」

「お前にはその資格はある!!」

 

 

時報~ (チッ) (チッ)

午前8時26分
40秒をお知らせします

 

 

「40秒!!」

 

(もう・・・振り向かない?)
(やはり〝1分C〟か・・・)

 

(勝負の世界では)
(攻める時は攻め)

(守る時は守らねばならない・・・)
(思い出す・・・)
(戦後のあの頃・・・)
(ある勝負師がワシに教えてくれた)

 

 

→次のページへ

最新記事を即お知らせ