【ネタバレ】嘘喰い 499 感想【注意】

第499話 秘密の仕掛け

 

静かにハンカチを拾う切間

 

切間創一

「私は」

「お前の事をよく知っている」

「だがお前は」

「私がお前を知るほどに」

 

「切間創一という私の事を」
「知らないのではないか?」
ふらつく斑目貘
夜行(まだ朦朧としている!?)

(1分とはいえ心臓は止まり脳への負担はあったのだ)
(先に臨死を喰らったのは嘘喰いにとって最悪のスタートだったはず)
切間創一「座りたまえ 君の番だ」
「フラフラだね・・・滴る血に反応出来ぬほどか」
「これでもし再び〝C失敗〟すれば」

「2度目の臨死」

「計2分・・・5分未満とはいえ続け様だ・・・」
「今ですら息絶え絶えの様相」

 

「果たして無事でいられるだろうか?」

「我らは安泰だ」

「切間撻器に会ったらそう伝えてほしい」

 

ナレーション~

全てを賭けた運命の〝屋形越え〟決戦へ!!

挑発か、宣告か・・・
回想~

若き日の斑目貘

「臨死ゲーム・・・・」
「何とも言えない名前のゲームですね」

「梟からの情報ですか?」
「ゲームの詳細をお願いします能輪立会人」

能輪立会人「臨死するか否かは全て〝ハンカチ落とし〟にかかっとる」

(交互にハンカチを落とし)

(1分以内に見つけられれば〝セーフ〟だが)

(発見出来なければ〝アウト〟)
(ペナルティによりその者は臨死を受ける)

斑目貘「!!」
既に1回戦表は終了

 

斑目貘は〝C失敗〟で1分の臨死を喰らった!!
斑目弟「貘兄ちゃん!!」
切間創一 回想~
亜面と電話で話す切間
「臨死ゲーム・・・」

「5分ね?」

「5分を超える臨死は蘇生不可能?」

「臨死回数はどうなの?亜面ちゃん」

 

亜面「回を重ねるほど」
「蘇生は困難になる・・・」
「はい」

 

「既に〝屋形越え〟は始まっているのです
再び若き日の斑目回想~

斑目「ねぇ門倉立会人・・・〝死後の世界〟ってあると思う?」
門倉「・・・・」
「はぁ?」
斑目「だからっ!!〝死後の世界〟だって!!」
「ほら・・・今臨死ゲームやってるわけだから・・・
臨死体験であの世に行ったりしたのかなって・・・」
斑目「私はそういうのあると思うんですよねぇー」
門倉「そんなもんは無い」
斑目「えーっ?」

「あると思うなぁー死後の世界」
門倉「それは未来を想像出来る人間の作った世界です」

「未来に恐怖する人間だからこそ創造する架空の世界」
斑目「そんな事ないですって」

「知ってます?臨死体験」

「実は私は」

~回想終わり→次のページへ