【ネタバレ】刃牙道 161 感想【注意】

第161話 「拳豪vs剣豪」

 

■巨拳が直撃した武蔵は…!?

光射ときそこは……

優しさに包まれる…

ならば……

ならば

もっと強く……

もっと明るく…

 

「もっと光を…」

 

違う……

 

影を生み出すから

光は優しい

 

「影」をも容赦なく

 

照らしつくすとき光は……

 

「狂気」を帯びる

 

眩しいな…… この者は……

 

帯刀するこの「武蔵」に 寸鉄を帯びず身を晒す………

 

その無防備……

 

その無垢に……

 

目が眩む

 

嗚呼……

 

ここで花山の拳が武蔵に直撃し、武蔵は後方に大きく吹き飛ぶ

周りのギャラリー達が驚きの声を上げる

 

花山の一撃を受けて吹き飛んだ武蔵はどこまで転がっていく

 

巨拳炸裂…

そして地面に転がっていった武蔵はゆっくりと止まり、地面にうつ伏せで倒れる

「終わり!!?」

「ワンパンで終わりッッ!?」

「10メートルは飛んでね!!?」

 

自分の拳にフッと息を吹きかける花山

 

 

変わらん…

思いを乗せた拳…

剣になんら遜色なし…

予測を遥かに凌駕する拳骨

 

花山は武蔵の元に近づき、首後ろを掴み、持ち上げる

食らっておいて良かった……

 

■叩き込まれ理解した意志い。追撃が武蔵を襲うッッ!!

次回、刃牙道 162話へ続く!!

 

※今回も福本漫画なみの文字の少なさ&描写密度でしたが….

食らっておいて良かった…… と。果たして武蔵の耐久力はいかほどか。

どうでもいいですが 拳豪 ってなんかいいですね

最新記事を即お知らせ