【ネタバレ】刃牙道 160 感想【注意】

第160話 「疵と剣」

■対峙する異様…。極まる緊張感ッッ!!

彫物を背負った男と――――――

刀剣を帯びた男――――――

警察が黙して見ている

 

ただならぬ事態を警察が「見て見ている」フリをしている………

 

周りの通行人達はザワつく…

「おいおい…」

「え~…?」

「止めないよケーサツ…」

「なに始まるんだ…?」

 

 

剣豪は考えていた…

 

武蔵「はて」

 

この若者背後――――――

 

何故 白い……?

 

武蔵には白く輝いて見える花山…

 

これが…この「立ち会い」の景色だと……

 

稀なり

 

「少年」との立ち会いでは

地平まで広がる懐石料理(ごちそう)……

 

「ピクル」との立ち会いでは

目も眩む黄金と絶賛(ほめ)……

 

「強気人」際の黄金は

天に達する……

 

「妖術の爺さん」の背後は

心華やぐ一面の花畑……

なのにどうだ

見えてる景色が――――

 

「白」………

 

もしや 「無」…?

 

いやいやいや………………

この若さでそれはあるまい

 

武蔵「(……………… ん~~~~~~~~?)」

「構え」…………?

これが……??

 

これでは……なにも防御(ふせ)げないではないか

「立ち会い」の場数は十二分の風情…

このまま打ち込むと…?

 

俺が斬り掛かったらどうするつもりだ?

「毒針」を吹いたら…?

「爆薬」をぶつけたら?

 

ズズ……

静かにゆっくりと沈み込む花山

ググ… グ……

 

おお~…――――――

なるほど…

これが……否 多分――――――これが……

 

まず間違いなく

これがこの若者の―――――――――

意志(おも)い…………

 

花山に見惚れるように立ち尽す武蔵…

 

無垢な……

なんと純粋(きれ)いな

そしてあまりに雄々しいッッ!!!

 

 

白い……

 

あまりの白さ……

 

あまりの輝き……

 

あまりのまぶしさに剣豪はつい――――――――

 

「目を閉じてしまった…」んだとさ……♡

 

■渾身、命中ッッ!!

次回、刃牙道 161話へ続く!!

 

※目にも止まらぬ突きを一週間かけて命中させた花山&板垣ッ..!

引き続き、そのスピードから目が離せません。

最新記事を即お知らせ