【ネタバレ】刃牙道 151 感想【注意】

第151話 「恐慌」

 

■再び流れた血ッッ!! 警察最強戦力『STAT』も武蔵の前では…!?

隊員「島本さん……それ…誰です……?」

島本は背後に何かの気配を感じゾワ…とする

 

一瞬………………

ニ瞬………………

振り返ることを躊躇った……

 

振り向きざま叩ッ斬られる「映像」が閃く…

「STAT」が三瞬めを許さなかった

 

島本「!」

島本は後ろを振り返るとそこには武蔵が立っていた

武蔵「発見け次第撃ちまくるハズではなかったか」

 

閃いた「映像」が

 

脳天から両断される島本

 

なぞられた

 

隊員は恐怖で動けない

ピッ…

プッシャ――――…

島本の身体から血が吹き出る!

 

隊員「で…ッッ出た!!! 武蔵だァッッ!!!」

その声を聞き隊員達が振り返る!

隊員「~~~ッッ」

ガシャッ

一人の隊員が銃を構えようとする

しかし武蔵はそれを見逃さない

 

ゾッ

隊員の腕を両断する!

ドサッ

武蔵に切られた腕は地面へ落ちる……

隊員「ぐぬ゛~~~ッッふぐゅぃ~~~ッッ」

腕を斬られた隊員はもがき苦しむ

 

隊員達は混乱する

「こっちだッッ」

「5号車後方ッッ」

「斬られたッッ」

「放置しろッッ」

「囲むなッッ」

「誰が斬られた……!!?」

ザッ ボッ!

武蔵は車両の隙間へと素早く移動する!

ドドド……

隊員達は武蔵が入り込んだ車両の隙間に駆け寄って行く

 

しかしそこには武蔵の姿は見えず……

「下だッッ」

「潜ったッッ」

「照らせッッ」

「いませんッッ」

 

ズチャッ

隊員達が探している反対側の方から武蔵が現れる

隊員「い゛だァ゛~~~ッ」

予期せぬ方から現れた武蔵に恐怖する隊員

ギャッ キンッ

銃を構えた瞬間、武蔵は隊員ごと銃を両断する

 

「いたァッッ」

「斬ったッッ」

「こっちだッッ」

「あっちかッッ」

「撃てッッ」

「撃つなバカッッ」

 

ザッ ザザザッ ガッ ザザ

武蔵は移動する そして…

隊員達に囲まれる武蔵

「囲んだぞッッ」

「囲んでどーする!!?」

「撃てないッッ」

「これって…ッッ」

 

「囲まされてンだよッッッ」

その声の後、一閃が走る!

ゾンッ

隊員の首が吹き飛ぶ…

しかし一人だけに留まらず…

 

ドッ(肩から斬られる)

ギンッ(武器と腕を切り落とされる)

ガッ(足首から斬られる)

ズッ(喉を突き刺される)

ガチャ(頭を真っ二つにされる)

 

次々と隊員達は斬られ、地獄絵図と化す…

 

「~~~ッッ」

「また消えたッッ」

「~~~~~~~~~~~~~」

 

そしてまた遠くの方で斬撃音と悲鳴が聞こえる

ドッドッ

「あびゃ~ッ」

ガシュ

「びィッ…」

ズタッ

「ぐがァ」

 

ドドドドド

「あっちだッッ」

音がする方へ隊員達は走る

 

その場所へ辿りついた隊員達は青冷める

そこには死体の山しかなく、武蔵の姿は見当たらない

「武蔵は!!?」

「……ッッ」

「いませんッッ」

 

「センパイ………これって……全滅させられるじゃないか…?」

 

■被害、甚大。よぎる最悪…。

次回、刃牙道 152話へ!!

最新記事を即お知らせ