【ネタバレ】刃牙道 149 感想【注意】

第149話 「英雄」

 

■”対武蔵”に向け刃牙たち地下闘技場闘士の緊張感が高まっているが…!?

内閣総理大臣官邸

安倍総理「………」

画像

安倍「これは……?」

内海「”楯”です」

安倍「タテ…」

内海「機動隊が使用する楯です」

安倍「………時間も限られてます 手短に説明を」

内海「宮本武蔵が切りました」

安倍「! 近頃評判の……………あの……」

内海「近頃評判の―――― あの武蔵です」

安倍「切ったのこれ…刀で……?へぇ~~~~

内海「強化アクリルを使用してます

銃弾は無理としても投石 刃物で破られるシロモノじゃありません」

内海「それを切ったのです まるで豆腐かバターのように……」

 

アレ!?

“アレ!?”と思う

“アレ!?”との思いに安倍総理は突如襲われる

安倍「…………………………………」

(知ってるぞ”これ”…)

 

徳川《人類を一人な……創作るんじゃ》

 

安倍(あれだ!!!)

一気に繋がった…ッッ!!!

内海「総理……あの……」

安倍(なんということだッッ!!! ホントに創作っちまったのかッッ!!!)

 

ここからの話は早かった

「火器」の使用許可を仰ぎたい……

そんな目論みを遥かに飛び越え

現場の規模とレベルは――――

桁外れにハネ上がった

安倍「みなさん…」

警官隊の前で演説する安倍総理

安倍「警官隊や機動隊が難なく突破される」

バンッ(安倍総理が台を叩く音)

安倍「そんな醜態は―――国民に―――

全世界にあの男を 断じて国民に見られてはいけないッッ!!!

あの宮本武蔵を 断じて”英雄”と呼ばせてはいけない!!!」

 

天下御免!御上のお墨付き!

「警察力」解き放たれた

 

対特殊兵器装甲車両

“対テロ”を前提とした最強の装甲車両だ

もはやその装備は「兵器」のレベル……

 

特殊戦術強襲部隊 STAT(スタット)

無論「ゴム弾」ではない

 

STATを乗せた数十台の特殊兵器装甲車両が宮本武蔵を取り囲む

武蔵「また大仰な…」

■国家の威信をかけ総力戦ッッ!!

次回、刃牙道 150話へ!!

 

 

 

 

 

 

最新記事を即お知らせ