【ネタバレ】ROBOT×LASERBEAM ロボレーザービーム 4 感想【注意】

4th round 鷹山×ロボ

 

■三浦鷹山、そのゴルフ観はいかにして成したか。

剣道を嫌いになったわけじゃない

むしろそれまで自分の中で一番にあるものだった

 

剣道の師範である父から学び

物心つく頃にはすでに竹刀を握っていた

 

父はいつもいっていた

《真剣にやりなさい

礼節を学び精神を鍛えることは忘れてはいけない

だが元は刀…人を斬る道具を扱う鍛錬から発展したものだ

勝負に負ければ死ぬ

それくらいの気持ちで日々稽古に励む》

 

《それが真剣にやるということだ》

 

 

■絶対に譲れない。誰にも負けたくない。それが鷹山にとっての…”ゴルフ”!!

 

鷹山「ゴルフに出会ってその楽しさを知り

オレの中で一番はゴルフに変わった

けど真剣にやるということに関しては変わってねぇ」

 

「オレはゴルフを命を懸けてやっている」

真剣な表情で自分のゴルフ観を語る鷹山

「だからさっきのトモヤの話が本当だとしたら オレにはガマンできねぇ

呂羽人…お前はそれだけの技術を持っていながら ゴルフをやる気がないのか?」

ロボ「はい やる気ありません」

トモヤ(だから言い方―――――――!!)

 

ロボ「改めて言われると…そうですね

自分でもなぜこの勝負を受けたのかわかりません

本当にただの気まぐれかもしれない

まだ自分の気持ちにわからない部分もありますが

とりあえず勝っても負けてもやる気は出ないと思います」

トモヤ(ぎゃあああ)

鷹山の問いかけにフラットに返すロボ

 

鷹山「フウ…そうか…わかった」

トモヤ(うわぁあ ロボばか 火に油を何リットル注ぐつもりだよ!?)

 

鷹山はロボの返答に怒りの炎を出す

「とりあえず勝っても負けても

オレとお前が分かり合うことはなさそうだ」

トモヤ(ああ…もう なんかとんでもなくガチの空気になっちゃった――――!!)

 

 

鷹山「…じゃあ2番H(ここ)から改めてオレとお前の勝負だ」

2番H PAR4

「日も暮れてきた…3Hのマッチプレーでいくぞ」

 

ロボ「マッチプレー?」

トモヤ「あ…ロボ!」

トモヤ説明中・・・

 

ロボ「へぇ…まぁとにかく少ない打数で穴に入れればいいんだよね?」

鷹山「おい 順番はお前が決めていいぜ」

ロボ「え…じゃあ…先に僕が打ちます どっちでもいいけど…

 

トモヤ(…はっ! ってゆーか…マズくね!?

もしこれでロボがボロカスに負けちゃったら…ゴルフ部なんて絶対入らなくなっちゃうんじゃ…!?)

→次のページへ

最新記事を即お知らせ