【ネタバレ】MAJOR2nd メジャーセカンド 96 感想【注意】

第96話 「ボイコット」

 

新入部員との練習試合から一夜が明け…

大吾「じゃあいってきまーす。」

薫「気をつけてね。」

大吾と泉が廊下で顔を合わせる

大吾「あ、おはよ姉ちゃん。」

泉「おはー。今日はまたいつもより一段と早いのね。朝練?」

大吾「うん。新一年生入ったからキャプテンは忙しいよ。」

 

泉「一年生、何人入ったの?」

大吾「とりあえず5人入ったよ。それもスポーツ推薦で

南陽ライオンズから来た、結構うまい連中でね。」

泉「へえマジで!?名門じゃん。」

 

大吾「なんでもその彼らの監督もいっしょに風林に来てくれるらしいよ。」

泉「監督も!? へえーよかったじゃん。

あたしもOGとして心配してたけど…ちゃんと学校側も野球部のこと考えてくれてたんだ~~」

大吾「うん」

 

泉「そっか~~しっかりやるのよ大吾!!

風中野球部のこれからは、あんたにかかってんだからね!!」

 

大吾「姉ちゃんさあ……」

泉「?」

大吾「俺もう中2だし……ちょっとは控えてくれないかな。」

泉「いやーん♡」

大吾「いってきまーす。」

 

 

夜9時就寝、朝5時30分起床

6時に家を出て、風林中学までの高低差のある

道のり約10kmを、自転車で30~40分――

初めこそきつかったけど、膝や腰に負担の少ない

有酸素運動は、ウォーミングアップがてらにちょうどいい。

 

平日は7時から8時15分まで毎日朝練。

放課後はもちろん、土日も練習。

中学に入って一年間、ほぼこの風林中野球部の

基本的なタイムスケジュールに従ってきた。

 

 

部室から女子部員達が出て来る

大吾「うわっ!みんな早いね!」

睦子「おはよー。」

弥生「おそいぞ大吾!」

大吾「もう来てたんだ!」

弥生「今日から一年生も来るからね。」

睦子「先輩が遅れちゃマズいっしょ。」

大吾「丹波さんは?」

もうすでにグラウンド内に入り素振りをしている丹波さん

 

大吾「さすが。」

太鳳「情熱だけは人一倍なんだよね、情熱だけは。」

睦子「太鳳!」

 

関鳥「あのさあみんな、はりきってるとこ水差して悪いけどさ………

あいつらちゃんと朝練に来ると思う?」

大吾「え…」

関鳥の言葉に不安な雰囲気が漂う

 

ノック練習中~

投球練をする睦子

→次のページへ

最新記事を即お知らせ