【ネタバレ】MAJOR2nd メジャーセカンド 95 感想【注意】

第95話 ふざけるな!

 

太鳳「1回表裏ゼロっ…と」

千葉「あーっ、オイコラ、なんだそのくそガキって!!」

2回表、バッターボックスに入る大吾

大吾「っしゃこーい!!」

大きな声をあげる大吾

 

「プレイ!!」

 

《少年野球と中学野球の大きな違い―――――

そう―――君達は変化球への対応が まるでできてないんだよね。》

大吾の言葉が頭をよぎる

仁科(変化球だと――――!?)

 

丹波「ボール!!」

1球目、大きく下に外れてボール

 

仁科(こいつら人をガキ扱いしやがって――――

投球モーションに入る

ボールを持つ指はスライダーの握り方をしている

仁科(中学から変化球があることくらい、)

「わかってるわ!」

2球目を投げる

 

ガシャン

投げられたボールはキャッチャー頭上を越えて後ろのフェンスにぶつかる

 

弥生「あらら。」

太鳳「どったの?」

千葉「なんだ!?」

 

大吾「あれ?1回はストレートだけだったのに―――

急にムリして変化球投げなくていいよ」

仁科「………」

大吾の言葉に動揺する仁科

 

大吾「もちろん中学から使うB号球で練習してきてんだろうけど、まだ中文慣れてないだろうし。

君みたいに今までストレートだけで十分だったピッチャーだと、変化球なんてお遊び程度しかやってないでしょ。

そんなのいいから君の今の”まっすぐ”を見せてよ。

うちのエース候補かどうか確かめたいから。」

仁科(はああ―――っ!! なんだその上からコメント!)

大激怒する仁科

そのまま3球目を投げる

仁科(なめんなよ、このクソチビが~~~~!!)

 

ビシッ

投げたボールは大きく高めに外れる

丹波「ボール!」

 

大吾「力むと腕が振れないよ。投げ急がない。」

仁科「むぐぐ…うるせええ――――っ!!」

4球目を投げる

 

ギュン

仁科のボールを完全に捉える!

打球はセカンドを守る千葉の頭を越えセンター前ヒット

 

それを見ていた上級生組、一年生組は驚いた顔をしている

 

トン トン

内野の頭を越えたボールは転がっていく

千葉「オイオイマジかよ………」

北大路「ランニングホームランじゃねーか。」

 

棒立ちしているサード北大路とショート千葉に怒声が飛んでくる

大吾「何やってんだショート!! 拾いにいけーっ!!

ふざけるな――――っ!おまえら試合でもそんななめたプレーするのか!!

先輩をなめるのは勝手だけど、野球をなめるのだけは許さねーぞ!!」

千葉「は、はいーっ!」

大吾の怒声で慌ててボールを取りに走る千葉

 

睦子「大吾…!!」

太鳳「へー、言うじゃんあいつ。」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ