【ネタバレ】MAJOR2nd メジャーセカンド 92 感想【注意】

第92話 「キャプテン大吾」

 

■大吾がキャプテン…!?

大吾「やあ!君達、野球部の入部希望者かな!?

俺は風林中野球部キャプテンの茂野大吾!

入部希望なら、ここで名前とクラス―――

これまでの野球経験と所属チーム、得意なポジションとか書いてくれるかな!?」

仁科達は大吾を無視して部室の中に入っていく

千葉「おい、着替えるから開けんなよ!」

バタン

大吾「え?」

睦子「大吾!」

慌ててかけよってくる睦子

 

千葉「おいおい、女だらけの野球部な上に―――

やっといた男が、あのちびっこキャプテンかよ。絵に描いたような弱小チームだな。」

 

梅宮「今のままじゃメンバーが足りないな。」

北大路「あいつらを外野で使うとかヤベーだろ。」

 

仁科「使わねーよ。俺達以外にも推薦組か、最悪でも男の経験者が入ってくるさ。

そうすればあいつらはお払い箱さ。」

 

菅原「そーいや仁科、監督はいつから来るんだ?」

仁科「昨日電話したら、まだ前のライオンズの引き継ぎが残ってるらしい…

一週間くらいで来ると言ってた。」

菅原「フーン。」

 

 

大吾「スポーツ推薦!!」

睦子「うん、5人共南陽ライオンズにいたんだって。」

大吾「えっ、あの名門の!?」

 

「そう。だから我が物顔でふるまってんのよ!」

「女のわたし達はマネージャーやれ的な?」

「完全にうちらなめてんね」

 

睦子「とりあえず最初が肝心よ大吾!あいつら先輩に敬語も使わないのよ!

キャプテンとしてビシッと言ってやって!」

大吾「……」

 

 

ガチャ

仁科「おーしやるかァ。」

仁科たちは着替えが終わり部室から出てくる

「まず、ベーラン5周からアップAだ。」

「ィス!」

睦子「! あれ?」

睦子「ちょっと。なんで何も言わないの!?

あいつらなんの断りもなしに、勝手に練習し始めちゃったわよ!!」

大吾「睦子。君らは他の新入部員が来たら対応して。」

睦子「え?」

大吾「俺、ちょっと彼らのメニューに付き合ってみるよ。」

睦子「はあっっ!? 何それ!!」

 

「まあ期待してなかった。」

「大吾があんな連中に強く出れるわけないよね」

「今まではうちらしかいなかったから、お飾りキャプテンでよかったけど

もっかいちゃんとキャプテン決めたほうがよくない睦子!?」

睦子(………)

 

 

ダダダダ

仁科「!!」

 

ドヒュ!

大吾はアップしている仁科を追い抜いていく

仁科「はァ!?」

ズサァッ

大吾「イエーイ!俺の勝ち―――っ!!」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ