【ネタバレ】MAJOR2nd メジャーセカンド 88 感想【注意】

第88話 「突然の帰国」

 

■大吾が落ち込む中、久しぶりに日本へ帰って来たこの男は…

乗務員「お客様 お客様。お休みのところ申しわけありません。」

吾郎「ん…」

乗務員「目的地の羽田に到着しましたよ。」

吾郎「あーそ。ありがと。」

 

おかえりなさいっ!!

吾郎「半年ぶりの日本か――― ガキども、またでかくなったかな。」

 

体育の授業で走り幅跳びの計測をしている

ピッ

ズザッ

「茂野いずみさーん、4m62cm。」

 

友達「うわっさすがいずみ!高校は陸上部入ったら?」

いずみ「やめてよ。あたし女子の硬式野球部がある横浜星輪受験することにしたから―――やっぱり野球はまだやめらんないや。」

友達「えーっほんとに!? せっかく中高一貫の風林入ったのにやめちゃうんだ!」

いずみ「うん。」

クラスメイト「先生!」

先生「ん?」

クラスメイト「なんか不審者がいるんですけど……」

先生「え?」

クラスメイト「ホラあれ。さっきからずっとあたし達を見てるんですよ!

変質者ですよ変質者。もしかすると最近この辺で出没するって噂の変態ですよ。」

クラスメイト「えーこわーい。」

いずみ「………」

先生「何ィ!よし、ちょっと待ってろ!」

 

いずみ(あ~~~~~っあれは!!)

吾郎「おーい いずみィ。」

変質者に間違われる吾郎

クラスメイト「うわっ、手 振ってるあの変態!」

先生「おい、ちょっとおまえ!」

慌てて逃げる吾郎

先生「あっ おいまてーっ!」

クラスメイト「きもーい。」

いずみ(なぜ逃げる………)

 

佐倉「茂野くーん!ねえ、さっき先生から聞いたんだけど…

茂野君も風林学園受験するんだって!?」

大吾「え…あ、ああ一応ね…受かるかどうかわかんないけど。」

佐倉「もーじゃあ言ってよ!あたしも風林受けるって、前に言ったでしょ。」

大吾「ああ…そうだっけ。」

佐倉「………」

佐倉「あ、そっか茂野君とこお姉さんも風林行ってるしね。」

大吾「んーまあ…」

佐倉「そーいやお姉さん、野球部のキャプテンやってるんだっけ!?」

大吾「3年だからもう引退したよ。俺達入っても もういねーし。」

佐倉「え~~~っ!なんだァ、女子の先輩いると心強かったんだけどなァ

他にも女子の野球部員いるといいなぁ。」

 

足を止める大吾

大吾「野球部入るんだ。」

佐倉「え…う、うんもちろん。野球やって楽しかったし。」

遠い目をする大吾

大吾「そう………」

佐倉は大吾の腕を掴み言った

佐倉「ねえ…元気出してよ!そろそろ元の茂野君に戻ってよ…!!

またいっしょに野球やろうよ!!」

必死な顔で大吾に思いを告げた

佐倉「あれは茂野君のせいじゃないし……そんな姿の茂野君を光君だって喜ぶわけ…」

大吾「無理だよ!」

佐倉の手を払いのける大吾

大吾「言うなよ……!俺の前で二度と野球のことも光のことも言うな!!

俺はもう野球なんか誰がなんと言おうがやらねーんだよ!!」

逃げるように走り出す大吾

佐倉「茂野君!」

大吾(光は一生不自由になったってのに…なんで俺だけがそんなことできんだよ!!」

大吾の目の先に見覚えのある人物が立っている

大吾(え…………)

吾郎「よう、どしたい大吾―――

大吾(お……おとさん!!)

佐倉(し…茂野君のパパ!!)

 

大吾「な、なんでおとさんが………」

吾郎「なんでって、昨日シーズン終わったから帰ってきたんだよ。なんだおまえ、聞いてないのか。

家着いたらママも出かけてるし、誰もいねーから…

とりあえずいずみの顔見に授業参観行ってきて、おまえ迎えに来たんだよ。」

大吾「……」

吾郎「元気してたか大吾?」

大吾「う、うん。」

大吾(あれ……なんだ!? なんで涙が…?」

目に涙を浮かべ走って逃げる大吾

吾郎「お、おい大吾!!」

 

大吾(なんで涙があふれてきたのかわからない―――

ただ涙をおとさんには見られたくなかった。)

ダダダ(大吾の後ろから走ってくる足音)

吾郎「うはははーっ!」

本気で走って追い抜いていく吾郎

吾郎「家まで競争か!望むところよ!

なめんな、まだまだおまえらには負けね―――っ!!」

大吾(え~~~っ?)

 

茂野宅ベッドルーム 横に寝ているのは薫

プルルルルル(電話のコール音)

カチャ

寿也《はい 佐藤です》

吾郎「おう寿か。ちょっと大事な話があるんだ。近いうちに会えるか。」

 

■傷ついた息子たちのために動きだしたビッグダディたちだが…?

次回、メジャーセカンド 89話へ!!

最新記事を即お知らせ