【ネタバレ】MAJOR2nd メジャーセカンド 87 感想【注意】

第87話 「うそだ――!!」

 

■光のお見舞いに行った大吾だが、寿也から聞いたのは…?

大吾「え!?あ、会えないってどういうことですか!?光はただの脳しんとうで、大丈夫だったんじゃないんですか!?」

寿也「そうか…君達にはもう少しはっきりしてから伝えようと思ってたが――このままじゃ帰れないか…………

光は意識は戻ったが、まだ体が動かせない―――――――

 

寿也の言葉に息を飲む大吾達

 

寿也「ぶつかった時に首をやってしまった。今日、群馬の病院に転院してきたんで、

俺は元妻に頼まれて、光の着替えとかを取りに来た。もちろん家族以外は面会謝絶だ。」

佐倉「そ…そんな……光君…治るんですよね!?」

寿也「わからない……………」

死んだような目でベッドに寝ている光

寿也「まだ首から下も動かせない状態じゃ…何もわからない。」

大吾(う…うそだ―――!!ウソだあああああああっ!!)

 

2か月後――

スパァン!

「やった――回れ回れ――っ!!」

パアアン!

審判「ゲーム!」

「あーしたァ!!」

 

田代監督「みんな、長い間おつかれさん。今日のお別れ試合で、

6年生は本当に最後のドルフィンズのユニフォームになった。

別れは惜しいが、みんなここでひたむきに白球を追った経験を誇りに、この先もがんばってくれ。」

チーム全員「はい!」

田代監督「じゃあ家族が来てる者はいっしょに帰宅していいぞ。解散!」

「ありがとーございましたーっ!」

帰りのバスの中

藤井「結局来なかったな、大吾のやつ。」

田代監督「ああ……何度か説得はしてみたんだが、光の”事故”を自分の責任だと思って、相当ふさぎこんでるからな……

もう二度と野球はらないとまで言ってるらしい。」

監督の言葉に卜部と藤井は驚く

卜部「まじかあいつ……つーか、その後佐藤の具合はどうなんスか監督!?」

田代監督「何も聞いてない―――というか聞けない………

家族以外は会えないし、佐藤さんにはしばらくそっとしといてくれと言われてるからな……

あれはあくまでただの不運な事故であって、とにかくみんなは何も気にしないでほしいと―――

 

茂野宅では……

テレビを見て笑ういずみ

薫「ちょっと、いつまでだれてんのいずみ!」

いずみ「ギク」

薫「あんた受験生でしょ!?もうそんなゴロゴロしてる暇ないわよ!」

いずみ「はいはーい」

ガチャ(居間の扉が開く音)

大吾「じゃあ俺、歯みがいてもう寝る。おやすみ。」

薫「あ、うんおやすみ。」

大吾の後姿を見つめるいずみと薫

いずみ「まだ8時なんだけど…なんなのあいつ。

もうずっとろくに口もきかないし、暗いし…いつまであの調子なんだか。」

薫「しょうがないでしょ、あんなことがあったんだから!」

深刻そうな顔をする薫

薫「時間がたてば少しよくなると思ってたんだけど………」

いずみ「ねえママ、そろそろあいつと部屋別にしてよ。

辛気くさいあいつと同じ部屋にいると、気がめいって勉強に集中できやしない。」

 

シャコシャコシャコ

生気のない魂が抜けた顔をして歯を磨く大吾

 

キコン♪(いずみの持っているスマホから鳴る音)

いずみ「あ、ラインだ。カスミンかな?」

薫「もう、またそんなことばっかりやってないで、ちゃんと勉強しなさいよ!」

いずみ「ママ!!」

いずみ「なんか来たァ!!」

 

■サムネイルのこの眼は……そして”大きな父親(ビッグダディ)”と言えば…

次回、メジャーセカンド 88話へ!!

 

※気になる光君の状態ですが、首の下全部でした・・

ともあれ、死んでないだけ一安心といったところでしょうか。この後復活までのストーリーがどうなるか。

次回は久々にノゴローも出てきそうです。

最新記事を即お知らせ