ジャンプ・東京グール・ワンピース・ハイキュー・キングダム 最新あらすじ/確定ネタバレ注意!!まとめ速報 考察・感想・投稿サイト

【ネタバレ】マギ 340 感想【注意】

【ネタバレ】マギ 340 感想【注意】

第340夜 見極める戦い

 

絶対的な自信を持つ神(シンドバッド)。虚偽と信望の信念を計る問答の行方は!?

シンドバッド「汝に問う。理不尽な世界では何を疑い何を信ずるべきか?」

白龍「己以外の存在を信じろ。なぜなら正しさとは生きている間に何度も変化するからだ。
難儀なことにな…」

シンドバッド「白龍くん… それは…王者の責任の放棄ではないのか?

王とは正しさを掲げ、大勢を率いて前に進まねばならない。王者の正義が揺らげば、他の者も迷ってバラバラになろう。」

白龍「しかし、王者の正義そのものが間違っていた場合は?」

シンドバッド「なに?」

白龍「正しさは変わってしまう。例えば、かつて煌帝国では軍事により勢力を拡大することが正義だったが、それも時代に沿わなくなった。
俺は、復讐を大義に掲げ兵を起こしたが、殺す相手がいなくなったとたんに自分を保てなくなってしまった。
お前はどうなんだ?」

シンドバッド「………………………」

白龍「己の正義が絶対に揺らがないと言えるのか? 自分が道を違えているかもしれないという不安はないのか? それとも神になれば…そんな不安からは解放されるのか?」


白龍「むしろ俺が問いたい。教えてくれ、シンドバッド王よ。」

シンドバッド「……………………」

シンドバッド「白龍くん…」

白龍「はい?」

シンドバッド「俺が問いかけをするために君たちを聖宮へ呼んだんだ! 問いかけで返してくるとは君は不遜なやつだな!」

白龍「それはどうも。」

シンドバッド「俺は自分を信じているよ。」

白龍「なぜ?」

シンドバッド「俺は世界から戦争を失くす為に行動してきた。そしてその通りに成し遂げた…
誰にも実現できなかったことをやったという自負があるよ。
昔から俺にはなんとなく見えたんだ。どうすればいいのか。」

白龍「『運命』が?」

シンドバッド「ああ!アラジンが『アルマトラン』の歴史を見せてくれた時に確信が持てたんだ。
『運命』の存在そのものにな…」

白龍「だから、自分以外の仲間を信じていないのか?」

シンドバッド「俺は仲間を信じているさ!」

白龍「だが仲間のことを自分より小さく弱い存在だと思っているのだろう?」

シンドバッド「………………」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ

コメント

7 コメント オン "【ネタバレ】マギ 340 感想【注意】"

 
 
表示する順番:   新着順 | 古い順 | 評価順

セレンの『ゼパル』も全身魔装かっこいい!

名無しの伝承者

シンドバッドにまかせたら大丈夫と全然思えないから消去法で主人公の方応援するしかない
あのおっさん調子に乗っては失敗するんだもの

名無しの伝承者

シンドバッドは自分の進む道を迷いなく進むために試してるんだろうね。シンドバッドは自分を正しいと信じているからこの行動だろうし、いわば民主主義or王政のどちらが良いかって話で。王政のデメリットである王の質や取り巻きによって良くも悪くも変化するところを、不変の王(神)として永劫に導く理想か、変化に対して良くも悪くも対応する民主主義を性善説として捉えて信じるか。
結論は三つあって、シンドバッドの理想と、アラジン達の理想と、その両立だね。3つ目の両立とは今のシンドバッドやアラジン達がバトって競い合ってる現状こそが正解であるパターン。
わたすは、能力のない人間で欲も小さいのでシンドバッドに導かれる方が幾分ありがたいが、能力のある人はどう考えるんだろう。民主主義や自由主義で存分に生を味わいたいのか?それとも優れた能力を活かし自分自身が王になりたい思うのか?社長程度で満足なのか、財閥を気付きたいのか、建国したいのか、世界を動かす者になりたいのか。日本はほとんどの人が平均以下の能力に中小企業の社長や個人事業主以下、その程度の欲しかない気がするからシンドバッドで良くね?っと思ってしまう。。。

名無しの伝承者

シンドバッド自身助けてほしいと思ってるのかね

名無しの伝承者

セレンディーネ・・

名無しの伝承者

挑戦者自身に気付かせたいって部分もあるかもね。
他にも大きな理由がありそうだけど。
誰か止める人がいなければ、シンドバット自身では運命には抗えない、みたいな。

名無しの伝承者

支離滅裂度は断然白龍くんよりクズバッドが高いわ。アラジンとの対話でもあったけど、被害者目線を作ってたし、よくまあ都合いい解釈が平然とできるなあと。大体、白龍を助けたいのか始末したいのかはっきりしろや!!

wpDiscuz