【ネタバレ】ボルト 10 感想【注意】

10:オレの物語…!!

 

あらすじ

激闘の果に、VSモモシキ完全決着…!!そしてボルトの前に現れる新たな影!?

サスケはナルトの側に近づき言った

サスケ「ボロボロだな…」

ナルト「……お前もな…」

サスケ「一緒にするな… こっちはまだ自分の足で立ってる」

スッっとナルトに手を差し伸べるサスケ

ナルトはその手をぐっと握る

ナルト「…いつまでライバル気取ってんだてめーはよ…」

サスケ「……少なくともお前に勝ち越すまでだな」

ナルト「……… …それで言ったら今回ばっかりはお前の勝ちなんじゃねえか?

忍びの本質は変わらない 時代がどう変わろうとも…だよな?お前の言ってたとおりだ」

サスケ「フン… だから言ったろ ウスラトンカチ」

 

ボルトは螺旋丸でえぐれた地面の先を見つめている

ボルト「…………なんだ……この感じ…」

ナルト「お―――いボルトォ!何やってんだそんなとこで帰るぞォ」

ボルト「………今行くってばさ!」

それでもボルトは何かが気になるようだ

ボルト「………気のせいか…」

 

「…我の存在を感じるか 人の子よ」

ボルトは慌てて振り返ると……

倒したはずのモモシキが座っていた

ボルト「てめ……!!モモシキ……!!」

 

モモシキ「…なるほど貴様……”白眼”の者の血が混じっているな…」

ボルト「父ちゃんヤベー!!こいつまだ…」

ナルトやサスケ達は時間が止まったかのように動いていない

ボルト「父ちゃん…?」(…何だ…何か…おかしいぞ まるで…時が止まったみてーに…!)

モモシキは座って場所から消えボルトの背後にフワリと現れた

モモシキ「我が力と白眼をもってしても 己自信の運命を見通す事は叶わぬ…」

ボルト「…………」(体が…動かねェ…!!)

今度はボルトの目の前にフッっと現れるモモシキ

モモシキ「だがな…貴様の運命はよぉく見えるぞ……」

ビキキ…

モモシキはボルトを鋭い目つきで見る

ボルト「…………」

モモシキ「心せよ…その青き瞳はいずれ貴様から全てを奪い去る…」

ボルトは立ち尽くす

サスケ「…………」

モモシキ「そして自覚せよ…”神”を倒した者はもはや只人ではおれぬのだという事をな…」

モモシキの体がシュオオオオオと消えていく

モモシキ「その運命…しかと噛みしめて歩がいい 人の子よ…」

モモシキの姿は完全に消えてしまった

 

ボルトは立ち尽くす

サスケ「…………………………」

ナルト「ん?どうかしたかサスケ」

サスケ「………いや」

ナルトはモモシキが消えた後も動かず自分の右手を見つめた

→次のページへ

最新記事を即お知らせ