【ネタバレ】ハリガネサービス 143 感想【注意】

第143話 王の道

 

アレクセイの助言(?)続く!

「お願いしやーす!!」

両高校の選手がコートの中へドドドドと走っていく

 

「桐城とやったあとブッ続けで王葉とやるのか…」

「俺らはウォーミングアップかよ!!」

駿天堂監督「(まぁもともと桐城と何試合かやるつもりだったし… 色んなチームとやれるのは駿天堂としても好都合)」

 

アレクセイ「ねぇ 雲類鷲 王葉がコンビ使わずエースにボール集めるって本当?」

アレクセイがネット越しに雲類鷲に話しかける

アレクセイ「だとしたら桐城と正反対じゃないかな?

桐城の3セッターは面白かったけど 選手の質に伴わない戦術だったろ?

逆に君たちは長身選手を揃えてどんな戦術でも出来るのに 非効率なエース頼りの1本調子なバレーなんだろ?

どうして皆 もっと普通にやらないんだろうね? 奇策を弄すれば王道に勝てると思ってるのかなぁ…?」

雲類鷲「…そうかもしれんな」

 

鉋「ハイセット!」

「やっぱコンビ使わない気か!!」

松方「中学東京選抜で唯一雲類鷲と同じ高さで勝負できたのがあのアレクセイだ

(互いに成長した分身長差こそ変わらないが ※指高差は広がっている)」※腕をまっすぐ上にあげた高さ

アレクセイ「(もう高さで君が勝つことはないんだよ!!)」

雲類鷲「王道か…

(豊瀬戦で我々は最終的にコンビバレーを使った 現在主流となる王道に近いバレースタイルだったハズだ

にもかかわらず 我々は豊瀬に敗北を喫した

何度絶対決まったというボールを打ち込んでも 信じられない繋ぎを見せて打ち返してきた

王道が絶対に強いのなら新しい戦術は産まれないハズだ

王道はいつか覆される

王道が強いのではない


強い方が


王道になるのだ)」

雲類鷲のアタックが決まる

「うわああああ アレクセイの上から叩き込んだああぁ!!」

倉光「あ… アイツスゲぇ!!」

王葉監督「どうだい」

松方「アイツ… いつか本当に…」

ガッツポーズする雲類鷲

松方「(この国を背負うのかもしれない…!!)」

暗い表情のアレクセイ

 

アレクセイ「(確かに君はもう私より高いのかもしれない

だが連携攻撃を使わないのは絶対間違いだ!! 高さは活用しなくては!!)

アレクセイ「!?」

「止めたああ!!」

「上屋----!!」

アレクセイ「!? ?!」

困惑した表情のアレクセイ

上屋「お前くらい止めらんねーと 叡の練習相手は務まんねぇからな」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ