【ネタバレ】ハリガネサービス 142 感想【注意】

第142話 助言

超ヘビー級アタック炸裂!!

「止められた!?」

「いや!」

蛇喰「(なんだ? この打球の重さは!?)」

鯨川「おおし!!」

ガッツポーズをする鯨川

「ブロックをブチ抜いたぁ!!」

 

雲類鷲「蛇喰っ!!」

「えっ?」

「雲類鷲!?」

雲類鷲「大丈夫か!?」

しゃがみ込んでいる蛇喰に駆け寄る雲類鷲

蛇喰「何入ってきてんだテメぇ…

てめーに手首折られてから二度とあんな思いしなくてすむように鍛え直した

てめぇに心配されるほどやわじゃねぇんだよ 出てけ殺すぞ」

雲類鷲「そうか… スマンな」

 

駿天堂10-桐城2

「またワンマークだ!!」

三河「オアタァー」

鉋「また触った!!」

「どういう身体能力してんだよ!!」

桐城監督「(三河は守備範囲の広大なリベロだ ブロック一枚でもコースを絞れれば触る計算が立つ!!)」

鯨川がブロックをブチ抜く


「イッテぇえ!!」

 

駿天堂監督「(明らかにブロックに当てに来てるな… これ以上くらってレギュラー組にダメージが残るとマズい…)」

駿天堂監督「タイム」

審判がピピーと笛を鳴らす

駿天堂監督「蛇喰 ブロックには お前1人で跳んでくれ」

蛇喰「で でも…アレ本当に重くて 1人で受け続けたらどっか痛めちまうかも」

駿天堂監督「だからこそだよ

レギュラー組が決勝前にケガしたら大変なのわかるだろ? これはレギュラーじゃないお前にしかできないことなんだよ」

蛇喰「(俺はどーなってもいいってのか?)」

駿天堂監督「駿天堂の部訓わかってるだろ

ONE FOR ALL!(一人は皆のために)


駿天堂(うち)のルールに従えないのなら ここから出て行ってもらうことになるが」

蛇喰「(クソッタレ!!) …わかりました…」

小刻みに震えている蛇喰

駿天堂監督「ありがとう 皆も蛇喰の頑張りに応えてやれよ!」

審判がピーと笛を鳴らす

→次のページへ

最新記事を即お知らせ