【ネタバレ】ハヤテのごとく! 最終章18  感想【注意】

BEYOND THE TIME

 

最終回まで残り3話--!庭城内、ナギの夢の中、そこにはマリアが--

ハヤテに微笑んでいるマリア

ハヤテ「(もう二度と… 会えないんだと思っていた。 だからずっと… 考えないようにしていた。)」

マリア「もー、どうしたんですか?ハヤテ君。 さっきから黙りこんじゃって。」

小刻みに震えているハヤテ

ハヤテ「(わかってる… これは夢。ただの夢。
どんなに笑顔が懐かしくても、これはお嬢さまが作り出した理想郷。ただのまやかし。)」

マリア「ハヤテ君?」

ハヤテ「(わかってる!この声も、姿も香りも全部、夢。 夢夢夢!!全部、夢---!!!
夢だと…わかっているのに…)」

歯を食いしばるハヤテ

ハヤテ「(それでも会えたことが嬉しくて… 涙が…)」

ハヤテは震えながら涙を流す

マリア「あらあら、どうしたんですか、ハヤテ君!? 何を急に泣き出しているんですか!?」

ハヤテ「だってこんなの… ズルいですよ…」

マリア「え?」

ハヤテ「だって… こんなところで会えると思ってないから…
マリアさん… マリアさん…
(駄目だ、胸の奥から、ずっと抑えていたものが… 込み上げてくる…)」

ポロポロとハヤテの涙がこぼれ落ちる

ハヤテ「どうして…」

マリア「はい?」

ハヤテ「どうして…!! 急にいなくなったりするんですか!!!」

マリア「!」

ハヤテ「マリアさんが急にいなくなるから、お嬢さまは落ち込んじゃうし…!! 僕だって…!! お嬢さまより落ち込むわけにはいかないから!! ずっとずっと我慢してきたけど…!!


お別れも言えないし…!!誕生日プレゼントだって渡すって… 約束したじゃないですか!!!
それなのに… それなのに…」

ヒクッヒクッとなりながら涙を流すハヤテ

マリア「(……)
誰かが助けてしまったら、もう二度と、元に戻らないものもあるでしょ?」

うつむいていたハヤテが顔を上げる

ハヤテ「マ… マリアさん?」

ハヤテに背を向けて話すマリア

マリア「そばにいたら、きっと助けてしまう。
誰かの中に逃げ込んで、もう二度と…出てこられなくなる。
ハヤテ君、何を伝えるべきか、まだ迷ってるのかもしれませんが…
答えはもう、その中にありますよ。」

マリアは「ナギへ」と書かれた手紙をハヤテに差し出す

ハヤテ「!」

手紙を受け取るハヤテ

マリア「じゃあ、いってらっしゃい。私の信じたハヤテ君。」

マリアはハヤテに背を向ける

マリア「ナギのこと、よろしくお願いしますね。」

ハヤテ「マ… マリアさん…!」

マリア「あ、そうそう、私の誕生日プレゼントなんですけど、」

ハヤテの方を笑顔で振り返るマリア

ハヤテ「プレゼントは、すっごい高いブランド物のお財布とかがいいと思うんですよ。」

ハヤテ「(……) は?」

マリア「一万、二万のやつじゃダメですよ! それこそ何十万もするすっごいやつ!!」

ハヤテ「え? え?」

マリア「たとえハヤテ君が、世界のどこにいようとも-- 必ず取りに行きますから… 覚悟しておいてくださいね」

そう言ってハヤテに微笑むマリア

目に涙を浮かべながら、少し笑顔になるハヤテ

ハヤテ「はい!!」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ