ヘッドライン

スポンサーリンク

【ネタバレ】ハヤテのごとく! 最終章14 感想【注意】

ハヤテのごとく!ネタバレ感想

約束の土地へ

 

白皇学院の上空に巨大な光が現れる

「アテネ様!上空に巨大な光が…!! この反応は一体…!?」

モニターには、「危険」と表示され、ビーッ、ビーッと音が鳴る

アテネ「ま… まさかこれは… 庭城への… 道が開いた!?」

 

クリスマスパーティーに集まっている生徒達「うわー!!何あの光ー!!」「すっごーい!!」「さすが白皇!!」「金かかってるな----!!」

 

ヒスイ「おい、姫神!なんだ! 何が起きてる!」

三千院帝「アテネ!!」

アテネ「これはマズイですわ!! こちらが想定していた何十倍…! いえ… 何百倍も道が大きい!!」

カッと上空が光る

アテネ「これでは… 石を持ってる人は全員飲み込まれます!!」

 

写本「おかえりなさい。あなたが来るのをずっと待ってたわ。」

ナギの目の前に光輝く写本が現れる

 

アテネ「モニター!! 城の中の様子を!!」

「はい!!」

ヒナギク「ちょっと!! これは一体なんなの!?」

ヒナギクがアテネ達の元へやって来る

アテネ「ヒナ!!」

伊澄「理事長さん、アレ!!」

伊澄が指さすモニターを見るアテネ

モニターには、キィィィンと強い光を放つ写本の前に立つナギの姿がある

アテネ「マズイ!!」

三千院帝「写本がナギの目の前じゃ!」

写本「私はオルムズド・ナジャの写本。さぁあなたの願いを叶えてあげましょう。」

ナギ「私の… 願い…?」

アテネ「ハヤテ!どこにいるのですかハヤテ!!」

伊澄「ハヤテ様!今すぐナギを止めて!! 願いを言ってしまったらナギはもう… こちらの世界に戻れなくなる!!」

ナギ「私の… 願いは… あのお屋敷で… マリアがいて…ハヤテがいて…」

ナギの涙がポタポタとこぼれ落ちる

ハヤテ「ダメです!!お嬢さま!! それは----」

ハヤテがナギに向かって走り、手を伸ばす

ナギ「ハヤテが私を… 愛してくれてる世界だ----!!」

ハヤテの手はナギに届かず、ナギが光に包まれる

 

はっとベッドの上で目を覚ますナギ

チュンチュンと鳥の鳴き声が聞こえる

窓からは光が差し込み、桜の花びらがヒラヒラと舞っているのが見える

ガバッと上半身を起こすナギ

ナギ「…… これは…?」

ハヤテ「おはようございますお嬢さま。今朝はずいぶん早起きですね。」

ハヤテがガチャっと戸を開け、部屋の中へ入ってくる

ナギ「ハ、ハヤテ?」

ハヤテ「はい? どうしました?」

ナギ「(……)」

不安そうな表情のナギ

ナギ「あ、あの… ハヤテはその…私のこと…」

ハヤテと目を合わせず、ごにょごにょと話すナギ

ハヤテ「愛してますよ。」

ハヤテを見るナギ

ハヤテ「愛してますよ、お嬢さま。」

ニッコリ笑うハヤテ

ナギ「……」

涙を流しながら笑顔になるナギ

ナギ「良かった… 本当に良かった…」→次のページへ

最新記事を即お知らせ

カテゴリ最新記事



“【ネタバレ】ハヤテのごとく! 最終章14 感想【注意】” への2件のフィードバック

コメントをどうぞ

ページの先頭へ>