ジャンプ・東京グール・ワンピース・ハイキュー・キングダム 最新あらすじ/確定ネタバレ注意!!まとめ速報 考察・感想・投稿サイト

【ネタバレ】ゴールデンカムイ 124 感想【注意】

【ネタバレ】ゴールデンカムイ 124 感想【注意】

第124話 思い出の写真

 

牛山が旅館の壊れた壁から中へ入ってくる

 

牛山

「お嬢・・・また会ったな」

 

アシリパ

「チンポ先生ッ」

 

杉元

「よくここがわかったな?」

 

土方

「・・・外にいる犬っころだ」

 

外を見ると白石、チカパシ、リュウがいる

 

土方

「都丹庵士が硫黄山や屈斜路湖周辺に潜伏している情報はつかんでいたが」

 

「夜明け前・・・ここらで唯一営業している旅館に我々は到着したところだった」

 

 

永倉

「杉元・・・トニの処遇は我々に任せてくれないか」

「お前たちを襲う心配はもう無いだろう」

 

 

杉元

「俺の分も入れ墨を写させてくれるなら・・・」

 

「ただ・・・ここらのアイヌの村にはアシリパさんの親戚たちがいる」

「殺してひん剥いてくれると こちらとしては安心だがね」

 

 

アシリパ

「・・・・・・」

 

「こんな暗いところで隠れて暮らして」

「悪さをするため外に出るのは夜になってから・・・」

「これではいつまでたってもお前の人生は闇から抜け出せない」

 

 

都丹庵士

「・・・・・・」

「参ったなこりゃ・・・」

 

 

 

谷垣とキロランケも合流した

 

 

尾形

「犬より役に立っとらんぞ谷垣一等卒」

 

「秋田に帰れ」

 

 

 

都丹庵士

「あの男・・・」

「杉元というんですか?」

 

「さっき殺し合いをしている時にふと懐かしさを感じた・・・」

「鬼のように凶暴だがどこか優しくて 腹の据わった声 どこかで聞いた声だと・・・」

 

「あの男は網走監獄で初めて出会った頃の若い土方さんにそっくりだ」

 

ナレーション~

 

刺青人皮 ?/24枚

 

 

 

【エトピリカ】

 

鯉登少尉

「ハァ」

 

 

月島

「鯉登少尉殿 まだ船酔いが治まりませんか?」

 

 

鯉登は1枚の写真を眺めている

 

 

鯉登少尉

「早くまた戦争が起こらないものだろうか」

 

 

月島

「・・・宿へ戻りましょう」

 

 

 

【根室】

 

第七師団が作戦会議をしている

 

宇佐美

「ロシア製小銃は網走監獄の看守全員に行き届いており 予備の銃や弾薬も豊富のようでした」

「犬堂典獄は囚人を鉱山会社へ貸出して硫黄山で働かせ それが武器購入の資金となっていたようです」

 

「これなら中央の目を引くこと無く監獄の警備を強化できる」

「マキシム機関銃までありました 他にも強力な武器を隠し持っている可能性は大きいです」

 

 

鶴見中尉

「・・・でその武器を保管している場所を探る前に正体がバレてしまったと」

「そういうわけだな? 宇佐美上等兵」

 

 

焦る宇佐美

 

 

 

→次のページへ

最新記事を即お知らせ

コメント

10 コメント オン "【ネタバレ】ゴールデンカムイ 124 感想【注意】"

 
 
表示する順番:   新着順 | 古い順 | 評価順
名無しの伝承者

二階堂

お前はもう読んでいる

宇佐美を叱る横でムッとする鯉登
早く見たい〜

お前はもう読んでいる

ラッコ鍋は謎の勢いで相撲に雪崩れ込んだ所為かお祭り騒ぎ感があったが、谷垣だけだと何か痛々しい気がするのは何故だろう…

お前はもう読んでいる

センセ…ホモネタに自重しなくなってきたな…ぶっちゃけ今回はラッコ以上に顔が引きつる

お前はもう読んでいる

谷垣のホモネタ大概うざくなってきた

お前はもう読んでいる

何なの?この遺影撮影会に紛れ込んだ男性ストリッパーは。

お前はもう読んでいる

写真の下りが不穏すぎる

お前はもう読んでいる

安定のチンポ漫画だなあ

お前はもう読んでいる

ねぇ写真とか切なすぎる

いちげと

wpDiscuz