【ネタバレ】ゴールデンカムイ 116 感想【注意】

第116話 青い目

 

ナレーション~

占い師が告げたのは・・・・

〝未来〟ではない。〝現実〟の〝真実〟?


インカラマツ「網走監獄にいる のっぺら坊は・・・」

「あなたのお父様じゃありません」
「アシリパちゃんのお父様・・・」

「ウイルクはアイヌを殺して金塊を奪うような人じゃない」
「私たちが初めて出会ったとき

ウイルクは北海道へ来たばかりで日本語は話せず

アイヌ語は樺太訛りでした」
「あなたと同じ深い・・・青い目・・・」

「ポーランド人の父と樺太アイヌの母から生まれたと言ってました」


「日露戦争前までロシア領だった樺太には 帝政ロシアに弾圧され

ヨーロッパから極東へ流刑になった沢山のポーランド人がいたそうです」
ナレーション~

樺太には北海道アイヌと似ているが独自の文化を発展させた樺太アイヌが先住していた
インカラマツ「ウイクルは若い頃からアムール川流域の少数民族と共に帝政ロシアからの解放運動を繰り広げ

戦い・・・傷つき・・・北海道の小樽へ逃げてきました」
「私は毎日ウイクルとすごしました」
「ウイクルは父親の影響で信仰はキリスト教でしたが

私が教える北海道アイヌの信仰や土地のことや言葉

私達の食べるもの・・・すべて受け入れてくれました」

 

 

 

ナレーション~

樺太にはエゾジカやタヌキがいない
インカラマツ「戦いで傷ついたウイクルはこの土地で癒され北海道アイヌを愛していた」


アシリパ「・・・私だって父がのっぺら坊とは信じてないけど

父からインカラマツの話は一度だって聞いたことがないぞ」

 

「父は私の母から『すべて教わった』と言っていた お前の言うことはすべてが怪しい!!」
インカラマツ「たしかにアシリパさんのお母様は美しい人でした・・・」
「ウイクルにとっては私はまだ子供でしたから」

「忘れちゃったかもしれませんね」

 

 

 

涙を流すインカラマツ

 

 

 

アシリパ「・・・・・・」


場面が変わり、番屋での谷垣たち
谷垣「土方歳三たちとは旭川ではぐれたままそれっきりだ

詐欺師の鈴川の情報をもとに杉元たちが釧路へ行くだろうと俺は予想した」
「そしたら近くのコタンでお前らの話を聞いてな」

 

 

 

谷垣「それよりよぉ」

「杉元おまえ・・・」
「ちょっと見ない間に急に・・・いい男になったな?」

 

 

 

 

白石「キロちゃんも前よりいい身体になってねえかい ええぇ?」

 

 

 

キロランケ「そうかぁ? どうだ?谷垣ぃ」

 

 

谷垣(なんなのだ・・・?この感情!!)
(抑えきれない)
「ア ス~ッ」

「ス~ッ」

 

→次のページへ

最新記事を即お知らせ