ジャンプ・東京グール・ワンピース・ハイキュー・キングダム 最新あらすじ/確定ネタバレ注意!!まとめ速報 考察・感想・投稿サイト

【ネタバレ】ゴールデンカムイ 114 感想【注意】

【ネタバレ】ゴールデンカムイ 114 感想【注意】

第114話

 

ナレーション~

集まる刺青 向かう網走。

 
白石「インカラマッちゃん なんかおごってぇ~?」

 
アイヌ子供「ヒモだ」

 
インカラマッ「生粋のヒモですね」

 

 

 

アシリパ「白石たちには はぐれたら釧路の街で待つように言っておいた 今頃きっと心配してるはずだ」

 

 

 

杉元「銃も壊れたし修理に出さないとな」

 

 

 

尾形「銃身に水が入った状態で撃つとはな・・・軍隊で何を教わってきたのか」

 
杉元「その最新式の小銃俺が気球乗る時に第七師団から奪い取ったやつじゃん 返せよ」

 

 

 

尾形「これは三八式歩兵銃だ」

「この表尺を見ろ 2400米(メートル)まで目盛があるな?」

「お前の三十年式は2000米まで・・・」
「この銃から採用された尖頭弾の三八式実包なら2400米先にまで弾が届く・・・・・」

 
杉元「だから何だよ」

 
尾形「お前が使っても豚に真珠ってことだ」


ナレーション~ ちなみに三八式歩兵銃は30年式実包も使用できる

 
アイヌ猟師「谷垣ニシパ・・・どうしてお前はその古い銃を持っている?」

「杉元たちみたいな銃のほうが新しくて使い慣れてるだろ?」

「俺が言うのも何だが・・・・・

その二瓶の銃を持っていなかったら今回のことに巻き込まれなかったのに・・・・・・」


谷垣「二瓶鉄造が俺を兵士からマタギに戻してくれた

獲物を撃つときの心の持ち方を忘れないために持つことにした」
アイヌ猟師「『勝負は常に最初の一発で決めろ』・・・・・か?」
「10年以上前・・・俺は二瓶鉄造と一緒に猟をした」

「ほとんどの猟師は銃床を切り詰めて軽く改造された軍用銃の払い下げを使っていたのに・・・」

「二瓶の銃は銃床がそのままだった」

 
二瓶鉄造「俺には子供がたくさんいるが息子はひとりだけでね」

「これはその息子が日清戦争で使っていた銃だ・・・」

 

 

「届けてくれた息子の戦友が『この銃床の傷は息子さんが敵を撃つたびに刻んでいた』と・・・」

「7人目で刻むのをやめたのか・・・7人目であいつの方が死んだのか・・・
どちらにしろ息子は楽しんで人を撃つような奴じゃない」
「殺した責任を背負い込むような甘ったれは 兵士なんぞにならないで俺と熊撃ちをしていれば良かったんだ」

 
杉元「谷垣はこれからどうするんだ?」

 

 

 

谷垣「アシリパを無事にフチの元へ帰す それが俺の役目だ」

 

 

 

アイヌ猟師「出発前に食べていけ」

「昨日お前らに食べさせるのを忘れてた」

「ヒグマの肉で作ったカムイオハウだ」

 

杉元「悪いが急いでる!! 世話になったぜキラウシ!! 達者でな!!」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ

コメント

5 コメント オン "【ネタバレ】ゴールデンカムイ 114 感想【注意】"

 
 
表示する順番:   新着順 | 古い順 | 評価順
名無しの伝承者

インカラさんマジで死亡フラグ立ってきているな。
谷垣とともに添い遂げて欲しいけど、オソマちゃんはどうすんだ?

名無しの伝承者

亀がエチンケって……。偶然か?

名無しの伝承者

なんか食ってばっかだなこの漫画

名無しの伝承者

尾形が飛行船の上でニコニコしてたのは、三八式をゲットできてたからなのか
含み無く単純にニコニコしてたから、違和感凄かったけど、納得。

名無しの伝承者

次は蝗害の話か。史実でも明治から大正は北海道で度々発生していたからかな。歴史のいろいろな出来事を出してくれるのは面白い

wpDiscuz