ジャンプ・東京グール・ワンピース・ハイキュー・キングダム 最新あらすじ/確定ネタバレ注意!!まとめ速報 考察・感想・投稿サイト

【ネタバレ】キングダム 524 感想【注意】

【ネタバレ】キングダム 524 感想【注意】

第524話 覚悟の比重

 

表紙挿絵:王賁

 

ナレーション~

ただひたすらに、

真摯に矜持を貫いて・・・・。

 

 

ナレーション~

 

王翦軍第一武将・亜光による突撃!!

烈火の如く突き進むその威圧的攻撃に趙軍は・・・!!?

 

 

玉鳳隊

「・・・・・・っ! 敵と亜光軍がっ」

「ぶつかるぞっ!」

 

 

 

戦況を見つめる王賁と関常

 

亜光

「オオ!」

 

 

真正面からぶつかり合う亜光軍と趙軍

 

(ド ゴギァ)

 

(ボゴゴ ゴゴゴ)

 

 

「ぐわっ」

 

「ビヒィ」

 

「あ‶っ」

 

「ぶわっ」

 

「!!」

 

「ギア」

 

 

玉鳳隊兵

「ぐっ」

「まともに・・・」

 

 

王賁 じぃ

「・・・・・・」

 

 

玉鳳隊兵

「これは・・・両軍共に・・・」

 

 

関常

「いや」

 

王賁

「!?」

 

 

関常

「亜光軍は」

「ここからが強い」

 

 

亜光軍が自軍の前方の兵士をも踏み潰して進軍する

 

 

驚く趙軍兵

「なっ」

「こ・・・こいつら」

 

「〝味方の兵士ごと〟・・・」

 

じぃ

「じっ 自軍の兵も関係なく踏みつけて突進するじゃと!?」

 

関常

「そうだ」

 

王賁

「・・・・・・」

 

関常

「後ろから来る騎兵は前に〝何がいようと〟絶対に馬の脚を落とさぬ」

「たとえ そこに親や兄弟がいたとしても」

 

「・・・・・・」

「〝全速力〟だ!」

 

「その非常な程の躊躇の無さが相手側と大きな力の差を生む」

「故にこれまで亜光軍は正面からのぶつかりで負けたことが一度もない!」

 

 

玉鳳隊

「あっ見ろっ 亜光軍が圧倒的に」

「押し込んでる!!」

 

何人もの趙軍の首をはねる亜光

(ドパ)

 

 

趙軍兵

「ギャッ」

 

亜光

「・・・・・・」

 

 

関常

「・・・・・・玉鳳の騎兵も正直 今や全秦軍の中でも指折りの実力だと思います」

 

「・・・が あそこまで勝負に徹する冷酷さはさすがに持ってはいない」

 

「父君の第一将の軍はあなたが思っているより何倍も強いですよ 若」

 

 

王賁

「・・・・・・」

 

亜光軍

「前にいるもの全てを薙ぎ払えェイ!!」

 

「オオ」

 

 

場面が変わり、【趙軍 岳嬰軍】

岳嬰軍兵

「岳嬰様! 右方が大きく敵に押し込まれています」

 

「左方もです」

 

岳嬰

「・・・・・・」

 

岳嬰軍兵

「・・・バカな」

「我々の所以外 劣勢に・・・」

 

岳嬰

「・・・・・・」

(前攻に特化した軍か・・・)

 

「少々甘く見ておった 行くぞ 敵将に近づきまずは奴らの足を止める」

 

 

岳嬰軍兵

「ハハァ」

 

 

 

戦況を見つめる馬南慈と趙峩龍

 

馬南慈

「・・・・・・」

趙峩龍

「・・・・・・」

 

馬南慈

「趙峩龍殿 なぜ第一陣を岳嬰に譲られた?」

 

趙峩龍

「・・・・・・」

「岳嬰とその軍は強い」

 

「その軍がまず ぶつかれば敵の力量が測れるからです」

 

馬南慈

「ハハ 私も同じ考えであった」

 

→次のページへ

最新記事を即お知らせ

コメント

2 コメント オン "【ネタバレ】キングダム 524 感想【注意】"

 
 
表示する順番:   新着順 | 古い順 | 評価順
名無しの伝承者

前々から疑問だったんだけど…騎馬隊同士の前衛って、こんな正面衝突するものなの?
馬が引っ繰り返ったり頭突きしたり…。騎馬隊ってそういうもの??
戦乱ものって北方水滸伝しか読まないから、馳せちがったり翻弄したり、隙間をぬって歩兵に突撃したりで、機動力を活かすものだとばかり…。
力技が主流の部隊というか戦法なのかな???

お前はもう読んでいる

もうムチャクチャになってきたな
こんな戦闘あるかいな

wpDiscuz