【ネタバレ】キングダム 517 感想【注意】

第517話 削り合い

ナレーション~

この国の命運は・・・、誰は担う・・・。
悼襄王

「相変わらず」
「お前は」
「言い訳だけは達者だな」
「李牧よ」
李牧

「処罰はいかようにも」
「しかし事態は今 急を要します」
「精強を誇る邯鄲軍のうち十万を出陣させる許可を頂きたく・・・。」

 
悼襄王

「ならん」
「胡周らにも申したはずだ 邯鄲軍がこの王都から出る事はありえぬ 一兵たりともな」

 

 

 

李牧

「しかしもし鄴は落ちれば 数年のうちにこの邯鄲にも秦軍の刃が届く事に・・・」

 
悼襄王

「構わん」

「秦の刃が届いたところで邯鄲は落ちはせぬ」
「あの鄴とて、本来は不落の城だ」
「伯父である城主 趙季伯が愚かにも難民など受け入れるからこんな事態へとなった」
「俺はそんな〝ヘマ〟はせぬ」
「もし邯鄲が包囲されたとて十年でも二十年でもこの城は籠城できる」

 
李牧

「・・・それでもいつかは落ちます」
悼襄王

「だろうな」 「だが」
「病がちな俺は その頃にはとっくに寿命で〝いって〟おるわ」
「クククク」
「国がどうとか 民がどうとか」
「〝後のこと〟など知ったことか」


李牧

「暗い・・・あまりにも・・・」

 

 

 

悼襄王

「・・・・・・」

「何か言ったか?李牧」

 

 

 

李牧

「いえ・・・」
悼襄王

「だったら さっさと失せて職務を果たせ 栄えある三大天よ!」
「鄴を失えば貴様を切り刻むぞ李牧」
「貴様だけでなく貴様に従う一党もろとも皆殺しだ 分かったな」
「ッハハハハ」

 

 

 

カイネ「・・・・・」
「くっ!」
李牧「行きましょうカイネ」

 

カイネ「・・・」

 

 

カイネ「李牧様・・・我々の王は・・・」

 
李牧「・・・王国を滅ぼすのは敵に非ず・・・と言います」

 

 

 

カイネ「!?」

 

 

 

李牧
「商の紂王然り 周の麗王然り」

 

「現趙王がその類に入らぬことを願うばかりです」

 

 

 

カイネ「!」「・・・・・」

 

「国を亡ぼす暗君・・・」

 

 

李牧「!」

 

カイネ「あっ、太子様っ・・・」

 

 

 

【趙国太子 嘉】

嘉「・・・・・・」

 

「李牧、よくぞこれ程早く西より戻ってくれた 」

 

「この早さで数千の趙の民の命が救われたと信じるぞ」

 

 

 

李牧
「いえ・・・王都圏なで秦軍の侵攻を許したのはこの李牧の落ち度です」

「これより全力で秦軍殲滅に向かいます!」

 

 


「この戦局にも関わらず この邯鄲の軍が動かぬ事は存じている」

「難儀させること父に代わりて詫びさせてくれ李牧」

 

 

李牧

「太子そのような・・・」

 

「思わぬ窮地だが」

 

「秦も失敗すれば 国の根幹が揺らぐ程の損害を出す諸刃の侵攻のはずだ」

 

 

 

李牧
「・・・・・・」

 

「おっしゃる通りです」

 

 

→次のページへ

最新記事を即お知らせ