【ネタバレ】キングダム 516 感想【注意】

第516話 陥落の武器

ナレーション~

帰還した、救国を担う英雄。
【邯鄲】兵たちが李牧を迎える
「李牧様」

「李牧様」

「お待ちしておりました」

「総司令」

「李牧様」
カイネ「!!」
(こいつら・・・)

(・・・たしか前三大天 藺相如様の・・・)
兵「邯鄲軍の出陣は叶いませんでしたが我らとその私兵は許されました」
「北の炎城・文城から一万ずつ南下中です 間もなく邯鄲(ここ)に到着します」
李牧「上出来です」

 

 

 

 

兵「二万をそのまま鄴へ進めておきますか?」
李牧「いえ、その必要はありません」
「鄴はこの中華でも〝最強〟の部類に入る城です」
「秦軍に鄴は攻め落とせません」

 


「ここまで秦軍に入ってこられたのなら 逆に秦軍を鄴に集め」
「それを趙軍で囲って動かず〝兵糧攻め〟にします」

 

 

 

 

兵「秦兵がもだえ苦しむ姿が目に浮かびますな」
李牧「・・・とにかく王との謁見をすませてきます」
「その後すぐに王都圏全ての軍統制に・・・」

 

 

 

 

胡周「李牧様ー」

「おっお帰りなさいませっ お待ちしておりましたっ・・・」

 

 

 

 

李牧「!」
カイネ「胡周殿っ」
李牧「胡周 よく私の鳥の伝令を行動に移してくれました」
胡周「いっいえ そっそれよりも王都圏内部からも続々と鳥がっ」
李牧「!」
「王の謁見後 私もすぐにあなたの下へ向かおうと思っていました 今の秦軍の動きは・・・」
胡周「ハ!」
「すでに伝わっているとは思いますが」
「秦軍の本軍はさらに三軍に分かれ途中の城々を落としながら鄴へと近づいています」
「すでに落とされた城は八つ」

「九つです 先程〝許〟も落ちたと鳥が」

 

 

「九つです」

 

 

 

李牧「・・・・・・・」
「公孫龍の九万は?」
胡周「そちらは山民族の軍とにらみ合いのままです」
「しかしその前線が東へ移動してきているため 王都圏南部に出た難民が北へ逃げれずにいます」

 

 

 

 

李牧「!?」

「・・・・・難民?」
胡周「! ・・・ハ」
「秦軍は落とした吾多城と丁城の民を全員外に追い出した模様です」
文官「辛城と赤城もです ハイ」

「石城もです」

 

 

 

 

舜水樹「他の城の民は?」
文官「たしか平城もです」

 

 

胡周「山旦城はまだ不明ですが・・・」

 

 

 

 

傅抵

「・・・・じゃあ今 王都圏南部には難民の群れがわんさか彷徨ってるってことか!?」

 

 

 

 

カイネ「えっ」
李牧「いえ彷徨ってまいません」

 

 

→次のページへ

最新記事を即お知らせ