【ネタバレ】はじめの一歩 1182 感想【注意】

Round1182 「追撃!」

 

実況「到達したと思った瞬間なぎ倒す まさに嵐のよう!豪・腕・炸・裂!!」

観客

「つ 強~~~っ あっという間に倒しちゃった」

「やっぱり国内王者クラスじゃ相手にならないよ」

「…… ……」 「…… ……」

千堂「騒ぐな騒ぐな ワイのパクリやねんて」

間柴「それにしても尋常じゃねぇぞ

ロープに飛ばした刹那――もう目の前に踏み込んでいやがった」

千堂「せやのんか?」

藤井「打撃が派手でそっちに気をとられていたよ」

 

宮田(指摘通り・・・・まるで瞬間移動のようなダッシュ力

それを止める制動力 特筆すべきはそこだ!)

 

一歩《見せられると思うんだ 再起戦までに さらに鍛えて――――

 

宮田(完成していたか 新型の発射台は!!)

 

審判「2!3!」

実況「カウントが進む ニュートラルコーナーで見下ろす幕之内!」

実況「果たして――― 1RKOで風神復活なるのか!?」

審判「4!5!」

「無理だ 立てない」

「あのダウンで立てっこないよ」

 

鴨川「ぬう・・・・(サウスポーのスウェーバックはオーソドックスのそれよりなお遠くなる)」

鴨川(ゲバラは必死にスウェーで逃げた

小僧の拳は追いかける形になり ―――おそらくは当たりが浅い!

自ら後ろに下がったところを押され 派手に転がったが 見た目ほどは・・・・)

 

鴨川「小僧――っ」

リング外から大声を張り上げる会長

鴨川「集中力を切らすなっ すぐに行く 用意をしておけ!」

一歩(承知しています!薄く当たっただけです)

 

ゆったりと起き上がるゲバラ

一歩(立ってきます!)

鴨川(む・・・・出す気か!? 新型―――!!)

実況「ゲバラ立ったあ~~っ コレは驚いた」

観客

「おお―――っ お―――っ」

「本当かよおいっ!?」

「アレ食らって効いてないのか!?」

 

ダメージが残っていそうな表情をしながら故郷の事を思い返す

 

間柴「効いてないワケがない」

千堂「心まで折れへんかったか」

藤井「しかし・・・・」

 

青木「見ろ――っ 一歩が・・・・」

「ウォームアップしている アレは――

 

控室のテレビを見ている鷹村

鷹村(新型か 確かに出し時試し時って頃合いだ)

観戦している宮田の手にも力が入る

審判が再開の合図を出す!

実況「再開ぃ~~っ 合図と同時にコーナーから幕之内が弾丸のように発射される~~っ」

 

ゲバラトレーナー「ゲバラジャブだ →を突き刺して逃げろ~~っ」

ゲバラは右を突き出すが一歩はそれをかいくぐり射程距離内まで距離を詰める!

「もう食いついた!」

「速え~~っ」

ゲバラトレーナー「うわああっ抱きつけ足使え!とにかく逃げろおっ」

 

一歩は右手を打つモーションに入る

ゲバラ(下はもらうなっ 彼のボディブローはとんでもなく効く 守れ~~~~っ!)

左手でボディーをガードするゲバラ

ガードの上からでも衝撃が伝わる!

 

今度は頭部を狙うモーションに入る一歩

ゲバラ(上もダメだ コレも効く!!)

頭部にガードを回すゲバラ

 

ドンッ

ガードの上からでも強い衝撃が伝わる!

ゲバラ(つ・・強い~~っ)

 

千堂「必ず右から入るサウスポー対策はバッチリやな」

間柴「練習通りか 虫酸が走るほどの真面目ぷりだぜ」

 

一歩はガードの上からラッシュをかける!

ドンッ ドンドン ドンッ

実況「ゲバラ防戦一方 拳圧に押され後退――っ」

 

実況「ついにロープに詰まった!」

鴨川(前回はロープに追い詰めてカウンターをもらってKO負けじゃ

ここ 集中せえっ!)

 

キュッ キュッ キュッ

迷わずゲバラに近付いて距離を詰めていく一歩

鴨川(前回の後遺症は無しか じゃが――

 

ゲバラ(このまま終われないっ)

左手を突き出してカウンター狙いのゲバラ

鴨川「(やはり手を出してきおった) あ・・・・」

 

ゲバラの右を避けそのまま新型のモーションに!

 

それは突然やってきた――

誰も見たことない”風”の前触れ!!

次回、はじめの一歩 1183話へ続く!!

最新記事を即お知らせ