漫画考察・感想・投稿ファンサイト

【新刊】コミックス 8月 発売【注意】

【新刊】コミックス 8月 発売【注意】


ハイキュー!!27巻

+アニメDVD同梱版はこちら

 

古舘春一  (著) ジャンプコミックス(集英社

発売日:2017年8月4日(金)~

収録話:第234話「アジャスト」~第242話「繋がれるチャンス」

※飛び先はジャンプ公式サイト等。アフィなし




one piece(ワンピース)86巻

尾田栄一郎  (著) ジャンプコミックス(集英社

発売日:2017年8月4日(金)

収録話:第859話「四皇暗さつ作戦」~第869話「籠城」

第86巻はビッグマム編 戦い前夜~暗殺失敗までのストーリーが収録予定です。個人的に表紙絵もいつになくグッときます!

プリン仲間入りの可能性が濃厚!?

※飛び先はジャンプ公式サイト等。アフィなし




ブラッククローバー12巻

田畠 裕基  (著) ジャンプコミックス(集英社

発売日:2017年8月4日(金)

収録話:第101話「ただいま」~第110話「セントエルモの火」

※飛び先はジャンプ公式サイト等。アフィなし



 


 


 


 

8月下旬発売予定のものは追って報告!


 

漫画百裂拳は作品のファンが増えることを願っています

ネットの情報をチェックして読んだ気になっている諸君・・・

確かにネットは便利になりました。何かあれば検索すれば何かしらの情報は拾えます。

漫画だって、正直wikipediaを読むだけでもめっちゃ内容が詳しいのでかなり内容分かりますよね。

登場人物や起こった出来事の説明だけなら漫画そのものよりてっとり早いことだってよくあります。

しかし・・文字と絵、受け取る情報量が全然違います。

ストーリーを表面的に追うだけなら一見、理解できたように思えますが、

紙面の絵で読むのと比べると2割も伝わっていないのではないでしょうか。

まとめサイトなんかで分かるのはせいぜい作品のあらすじを追うくらいです。

 

次の週が待ちきれない!早く見たい!同じように好きでたまらない人たちと感想でワイワイ盛り上がりたい!

一番盛り上がる最新話ほやほやのタイミングを逃すと盛り上がれなくなってしまう・・地方の田舎に住んでいて発売日が遅い・・

なんかあの漫画の話題で盛り上がってるけど・・わざわざ買うのも借りるのもアレだし、ちょっとネットで調べてみるか・・

 

そんな人達の場所としてここは続いているわけですが。

しかし・・文字で雰囲気やあらすじはつかめても、紙面でしか分からない・伝わらない面白さはやはりたくさんあるんですね。

 

―コマ割りから伝わる場面の迫力と、繊細な時間間隔

―線のタッチからわかる作者さんの息遣い

―吹き出しの形や、文字のフォント、効果線によるリアリティ

 

コミック・雑誌にはこういった本~~当に細かい、こだわりが無数に詰まっていて

それが多くの人に届くからこそ人気の作品になっている。繰り返し読むたびに新しい発見がある。

 

でも..いきなり知らない漫画を単行本で買う人、いませんよね・・。

ジャケ買いもないでしょう今時。安い買い物でもないし(いたらすみません)

 

  1. コンビニや回し読みで適当に雑誌を手に取る、お店の待ち時間に雑誌手に取る。
  2. 流し読みして「おっ面白そうかも」「絵が好きかも」と感じる。
  3. 2~3週読んでみて、続きが気になったら毎週チェックする
  4. 続きが気になって仕方ない。キャラに愛着がわく。作品のファンになる。世界観の中毒になる

 

普通はこうなって初めてコミックを買おうと思うんじゃないでしょうか

雑誌だって気になる作品がなければ自分から買わないですよね…

 

漫画百裂拳は作品を紹介させていただいる立場として、というかまあ一ファンとして

今はまだ読み飛ばす方たちに運命の作品に出会っていただきコアなファンになるきっかけを

既にファンの人たちは仲間とのコミュニケーションを通してより作品を好きになってもらうきっかけを

少しでも深めていただけたら、好きな作品に出会っていただけたら・・これ以上の喜びはありません。

 

私自身まだ1ユーザーの頃、たまたまこの百裂拳を通してベイビーステップと出会ったり、

10年間食わず嫌いだったワンピースの良さにようやく気づいて好きになったり、

ロボやストーンのようなこれからこれから長く楽しみにできる新作に出会えた一人です。

この百裂拳が無ければこれらと出会うことさえなかったでしょう。

そして、今では全巻集めて読んでいるのだからわからないものです。

「百聞は一見にしかず」といいますが、百の”ネット情報”は一の”ホンモノにしかず”です。

是非、気になる作品を雑誌、そしてコミックを手に取って欲しいと思っています。

最新記事を即お知らせ