【ネタバレ】WORLDTRIGGER ワールドトリガー 161 感想【注意】

第161話 玉狛支部④

 

小南「2人とももう着くって」

修「(玉狛支部の古株の2人…どんな人達なんだろう?)」

そわそわしているレイジ「お前達、ゆりさんに失礼のないようにしろよ ほら、襟が曲がってるぞ」

千佳の襟を正してあげるレイジ

 

遊真「レイジさんなんかそわそわしてるね」

小南「気にしなくていいわよ、いつものことだから」

宇佐美「2人が帰ってきたよー!」

 

wt161-1

クローニン「戻りましたー」

ゆり「ただいま〜」

小南「おかえり〜!」

レイジ「おかえりなさい!荷物を部屋に運びましょうか?」

手ぶらのゆり「荷物?ないよ 宅配便で送ったから」

レイジ「あっ、そうでしたか さすがゆりさん」

ゆり「うん、ふふふ」

遊真「ほほう」

ゆり「あっ 修くん、遊真くん、千佳ちゃん、ヒュースくん

 

wt161-2

はじめまして林藤ゆりです 私は林藤支部長の “姪” なの」

クローニン「ミカエル・クローニン カナダ人…ってもう知ってるんでしたっけ?桐絵嬢」

小南「知ってる あたしがしゃべった」

ゆり「みんなの事は栞ちゃんたちに電話でいろいろ聞いてたから初めて会う気がしないわ よろしくね」

遊真「どうぞよろしく」

修「よろしくお願いします」

クローニン「よろしく」

挨拶と握手をし合う一同

林藤「おつかれさーん」

陽太郎「おかえり!」

ゆり「叔父さん、陽太郎」

頭を下げるクローニン「林藤殿、ただいま戻りました」

林藤「うんうん」

クローニン「若もお元気そうで何より」

陽太郎「うむ、ごくろうくろうにん」

 

ゆりを呼ぶ陽太郎「ゆりちゃんゆりちゃん おれのおヨメさんこうほ」

そう言って千佳を紹介する陽太郎

ゆり「あら〜私をお嫁さんにしてくれるんじゃなかったの?」

陽太郎「ゆりちゃんがひとりめ ちかちゃんがふたりめ」

 

wt161-3

顔を強張らせるレイジ「欲張りはよくないぞ陽太郎…」

修「レイジさん落ち着いて」

クローニン「彼がアフトクラトルの?」

宇佐美「うん、そう」

クローニン「けっこう男前じゃないか栞嬢」

宇佐美「ヒュースくんはこれからクローニンさんの親類って設定ね」

クローニン「よろしく息子よ」

ヒュース「…」

握手する2人

宇佐美「息子は無理があるんじゃない?」

クローニン「じゃあ甥っ子よ」

林藤「スカウト旅ごくろうさん、大変だった?」

ゆり「楽しかったわ 草壁隊も片桐隊もいい子たちだから」

クローニン「次はどこと戦るんだっけ?」

修「影浦隊・東隊・鈴鳴第一です」

宇佐美「どこも一度戦ったことがあるチームだね」

修「はい」

遊真「かげうら先輩のとことあずまさんのとこはこないだ負けたからリベンジだな」

小南「点差は?」

宇佐美「1位・二宮隊37点 2位・影浦隊34点 3位・生駒隊30点 4位がうちで30点 2位とは4点差だね

同点だとシーズン開始時の順位が高い方が上になるから…」

千佳「あと2試合で影浦隊より5点多く獲らないといけない…」

レイジ「他の隊にも抜かされないこと前提でな」

修「そう聞くと結構難しそうに思えますが、今の僕達も前とは違う ワイヤー陣と空閑の新技もあるし千佳のレッドバレット狙撃もある

そしてなにより新戦力のヒュースがいます 次の試合、影浦隊との直接対決は僕達にとっては最大のチャンスです」

宇佐美「うん、そうだね!」

クローニン「…となると、まずやることは…新隊員のトリガーセット構成かな おいでよヒュース、トリガー見てあげよう」

修「…! ありがとうございます!」

クローニン「トリガーセットの相談とチューニングくらいB級以上なら誰でもやってる 別に特別な事じゃないよ」

遊真「おれも行こ」

部屋から出ていく3人

宇佐美「アタシたちは次の相手の最近の試合の見直しかね」

修「はい!」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ