【ネタバレ】UQHOLDER! ユーキューホルダー 134 感想【注意】

Stage. 134 久しぶり

 

魔法陣から現れる明日菜

カトラス「な…?」

舌打ちしたカトラスはすぐさま剣を振りかぶるが…

吹き飛ばされるカトラス「ぐあっ」

 

無数の雷槍を飛ばすネギ「貴様!黄昏の姫御子!!」

腕を前に出すだけで全て防ぐ明日菜

刀太「!!」

 

明日菜「がんばったわね刀太君、キリエちゃん おかげで出てこれた、ね♡」

 

ネギに抱きつく明日菜「久しぶり、ネギ」

ネギ「アス…ナ…さん?」

明日菜「うん…

…ったく思った通り 自分のためじゃなく、人のため人のためでこんなとこまで来ちゃったのね」

 

ラカンにぶっ飛ばされた夏凛が起き上がる「ぐ…あれは…」

 

明日菜「本屋ちゃん…夕映ちゃん…」

刀太「アス…ナさ…ゲフ」

明日菜「刀太君、この子達は私の大切な友人だった2人よ この子達がネギと一緒にいてくれていたことで、人類への猶予は延ばされるカタチになってたの

私も今からそこに加わる だから…もうちょっとだけ猶予は延びる あとはよろしくね!」

ネギ「ぐ…う…」

刀太「あ…」

ネギ「…仕方あるまい…今は貴様の思い通り引こう、アスナ…」

明日菜「ふふん、今回もあんたの負けって訳ね」

ネギ「ふん…愚かな娘よ 何の答えも持たぬくせに」

 

明日菜「そうよ、悪い? だから若い子達に任せるんじゃない」

ネギ「近衛刀太、私はこの塔の上で待とう 猶予はさほどないものと思え」

刀太「あ…」

明日菜「じゃあ…行こうか、ネギ」

刀太「ああ待ってろ!!」

ネギ「君の答えを待つよ、刀太君」

一瞬にして消えていく明日菜とネギ達…

 

夏凛「圧迫感(プレッシャー)が消えていく…間に合ったのね、近衛刀太」

ほっ…とした夏凛だったが周りの状況を思い出してハッとする

夏凛「民間人が…ッ!なんてこと…くっ…私の力足らずで…被害者の数は…」

そこに…

夏凛の頭をポンッ…と優しく叩く甚兵衛「安心しな、◯傷者はほぼゼロだ」

 

夏凛「え…甚兵衛、源五郎!?」

甚兵衛「よっ」

真壁「全く…今回ばかりはギリギリでしたよ」

ビルの屋上を指差す甚兵衛「見な お前のデカいケツが崩したビルの人間も、隣のビルの屋上に移しといたぜ もちろんあっちの塔の方の人間も全員無事だ」

夏凛「ほ…本当ですか?こ…これだけの規模の災害を?さすがですね…」

真壁「さすがに僕達だけでは無理でしたよ あちらの方々の協力が…」

ザジ「いいえ、人的被害が皆無だったのはあなた方お2人の力です」

龍宮「それも雪姫からの念話がなければ多数の◯傷者が出ていた 今回は肝を冷やしたよ」

夏凛「龍宮学園長…(あの状況で手を打たれていたとはさすが雪姫様…)

…それで刀太達は…」

龍宮「おそらく凌いだと思うよ そうでなければ今頃この地上には空から天国が降りてきていたはずさ」

 

刀太「と…とりあえず助かった…のか?」

キリエ「…みたいね おそらくあの使徒とか言ってた仲間達はあのネギ=ヨルダにヒモ付けされてたのよ」

刀太「ヒモづけ…そうなのか?よくわからんが…けどくそっ、すげー被害が…一体何人の人間が…」

キリエ「あーそれ大丈夫、人的被害はゼロよ」

刀太「へ マジか!?こんなヒデーのに!?」

キリエ「夏凛ちゃんから念話があったわ 甚兵衛やゲンゴロー、その他の活躍でね!ゼロよ!まあ建造物の被害はとんでもないけど」

刀太「先輩方の力…?あの一瞬の出来事の中で…?」

キリエ「◯人がゼロで良かったわ!」

刀太「へ?」

キリエ「どーせ1人でも◯んでたら私の能力を使ってたんでしょアンタ」

刀太「うっ…そう…だな そうだろうな す…すまん

…そ、そういやキリエ…お前、歯と肩は大丈夫か?」

キリエ「ん?フン…私がどんだけ陰惨な◯に方経験したと思ってんのよ とりあえず治癒魔法で応急処置したわよ」

刀太「そ…そうか、かっけーなお前…」

キリエ「…って ア、アンタの方こそ そ、そのオシリどうにかしなさいよ!丸見え!」

刀太「おおっ?なんか本気出すと生えちまう感じなんだよなアレ シッポ?」

キリエ「なんで生えるのよ!?とりあえずホラこれタオル!てゆーか何なのよあのシッポは」

刀太「いやー俺もよくわかってねーんだけど…不じ身関係?」

キリエ「アンタそーゆーのちゃんと調べといた方がいいわよ…」

刀太「…えーと…」

キリエ「…ん?」

刀太「んー…いや…その…さっきお前さ…」

キリエ「へ…?さっき? あ…」

 

思い出して赤面するキリエ「いやっ、ちょっ あっ、あれはそのッ…わわわわ忘れなさいッ!!なしよ!あの告白はなし!」

刀太「いや…なしって…そう言われてもよ…」

キリエ「なしったらなしなの!!あああああれはその…ッ、そう!

演技よ!時間稼ぎの演技!私があの数秒を稼いでなかったらどうなってたことか!」

刀太「お、おー」

キリエ「アンタはまたアイツの安い挑発に簡単に乗っちゃってもー!」

刀太「演技か」

赤面したままそっぽを向くキリエ「そうよ」

刀太「そうかー…?そうか…いやまあお前がそう言うんならそうなんだろうけど…んー…いやお前すげぇ顔が真っ…」

後ろから刀太の首を絞めるキリエ「と・に・か・く忘れなさい!忘れなさいったらーッッッ」

刀太「わかった!やめやめッ ぐぇへッ、◯ぬ!不じ身じゃなかったら◯ぬ!

でも本当に感謝してるぜ、キリエ」

キリエ「えっ…」

 

刀太「俺が伝説の5人にボコられてた時、たった1人で俺を守ってくれただろ こんな細い体なのにどんな勇気だよ、ありがとなキリエ」

キリエ「!? え…ちょ…」

素早い動きで刀太から離れて、物陰に隠れるキリエ

刀太「?」

 

キリエ「えっ…ちょ…何これ…や…やばい…(どうしよう嬉しい…嬉しすぎる…)

こっ…これって完全に…ベタ惚れ…」

刀太「何が完全体だって?」

キリエ「うるさいわねっ!このバトル脳ッ 大体なんなのよその余裕は!?上から目線がムカつくわこのムノーッ」

刀太「え…う〜ん…じゃあ」

チュ…

 

キリエの頬にキスする刀太

→次のページへ