【ネタバレ】UQHOLDER! ユーキューホルダー 132 感想【注意】

Stage. 132 ネギ救出作戦

 

マギア・エレベアを両腕に使った刀太がネギの剣を黒棒で受け止める

押し合う2人

刀太「ぐッ くくっ…」

ネギ「さあ行こう、刀太君 僕と一緒に世界を救うんだ」

刀太「いいや祖父さん、俺が救うのはまずアンタだ」

 

場面は他のメンバーと戦うそれぞれの戦場へ

夏凛 vs ラカン

 

連打を繰り出す夏凛「 “白光の拳(ホーリーフィスト)” !!」

その打撃をくらっているが余裕の表情のラカン「ほっほー あた 光の拳か?マジで光速?避けれねぇ

見た事あるぜ、こりゃ神の恩寵とかいう奴だな やるじゃねぇか けど大丈夫か?高速連打でオッパイがものすげぇ揺れてるぜ」

夏凛「くっ、セクハラおやじ…(強い…!!)」

連打を続ける夏凛

ラカン「ぐおっほ」

夏凛「(効かない!私の全力でも奴の防御を貫けない!信じられない怪物だ!数秒…せめてあと数秒抑え込めなければ…!)」

鋭いラカンの目がキランッ…と光る

夏凛「(しまっ…)」

右の拳一発でぶっ飛ばされる夏凛「うぼっ」

 

三太 vs アルビレオ

念力で攻撃する三太「ぐくっ…!」

余裕の顔で片手で防御しているアルビレオ「見事です、これほどの愛をもって造られた人造幽鬼(レプナント)は見た事がない

あなたを造った水無瀬小夜子は本物の天才ですね」

三太「! なんでソレを!」

アルビレオ「彼女と我々は非常に似ている 水無瀬小夜子とあなたの人生には非常に興味があります

ですがこれでは埒が明かない、これはいかがです」

 

三太の足元の空間が黒くなり、そこから “し霊” 達が出てくる

足を掴まれる三太「!」

アルビレオ「小夜子さんほどではありませんが、私も “し霊” 術はいくらか使えます 彼らはアナタにさわれる」

振り返り、し霊達を吹き飛ばす三太「ちいっ(ダメだ、長引けばやられる!あと少し、あと数秒…!)」

 

九郎丸 vs 夕映・のどか

雪姫の姿のロボットが爆発し…

夕映「のどか、大丈夫です?」

のどか「いけない夕映!彼らの狙いは…!!」

爆煙に紛れ、2人の背後をとっている九郎丸「あなた方2人だけは行かせない」

 

包帯のようなものでくくり、2人を封印術で捕らえる九郎丸「稲交尾籠(いなつるびのかたま) くくり方陣!!

心を読めても、設置済みの全方位からの攻撃は避けられないはず あなた方のクラスメイトからの助言だ」

夕映「見事です!しかしこの程度の封印術なら数秒で解除できるですよ」

くくりつけられた包帯のような白いものがビシッ…ピシッ…と音を立てる

九郎丸「(くっ…信じられない、僕の方陣をいとも容易く この偉人(レジェンド)たちを何十秒も押さえ込むなんて可能なのか!?)」

 

明日菜が皆に言ったセリフ「お願いね、37秒でいいの それだけもたせて!」

 

場面は刀太のところへ戻る

キリエ「トータ!」

ネギ「僕を救う?いいや刀太君」

押されていく刀太「グッ…が」

ネギ「救われるのは 世界だ」

刀太「祖父さん!しっかりしろ祖父さん!!ホンモノのアンタはどこにいる?もうそこにはいねぇのか!?」

ネギ「ホン…モノ…?」

刀太「な…」

 

ネギの背後に大量の亡者達が固まってできた巨大な人の形のものが見える刀太「(なんだこりゃ…化け物を喚んだ?いや違う、こいつは…

祖父さんの力の源が可視化されて俺の目に見えてんのか やはり祖父さんネギ=ヨルダの実体はあの地平まで続く亡者の群れ…!こんなもん…)」

 

ネギ「さあ終わりだ」

刀太「(敵う気がしねぇ…!!)」

刀太が押し負けそうになったその時…

ネギの剣を止める2本の刃…

刀太「あ…」

 

そこに現れたのは雪姫とフェイト

雪姫「…」

ネギ「師匠(マスター)」

雪姫「ぼーや」

ネギ「それに…フェイト」

フェイト「…刀太君 ホンモノのネギ君はどこだと言ったな、今こそ見せてやろう」

刀太「何!?」

4人を覆うように発動される術…すると…

 

4人の幽体?が体から離れていく…

刀太「え…何だよこれはっ!?ゆ…幽体離脱!?」

目を閉じているネギ「う…」

刀太「じ…祖父さん?」

フェイト「わずかな時間だがネギ君をヨルダ様から引きはがした、前々から用意していた術だ」

刀太「じゃ…じゃあホンモノなのか!?ホンモノの祖父さん!?祖父さん!オイ、祖父さん!」

フェイト「待て、時間がない 話すのは僕だ、刀太君」

刀太「何ぃ!?」

ネギ「ぐ…」

 

目を開けたネギ「刀太…君…?」

少し頬を染めて照れている?刀太「あ…ハ…ハイ」

ネギ「…マスター…フェイト…」

 

フェイト「む…」

エヴァ「ぼーや…」

ネギ「いやあー…僕をアレから引きはがすなんて信じられないよ、さすがはフェイト」

フェイト「ぐっ… きっ、君は変わらないな…今はそれはいい!聞くんだ、いいか?ネギ君

僕は君を解放する術を手に入れた 君はもうヨルダ様に従う必要はないんだ」

ネギ「フェイト…?」

フェイト「なぜなら…なぜなら僕が人類を救うからだ 鍵はやはりこの男、近衛刀太だ」

刀太「てめぇそれ前にも言ってたな どういう事だ?」

フェイト「…刀太君は、一般に移植可能な不老不し技術の唯一の成功例だ」

刀太「は…?一般人を…俺達みてぇな不老不しに…?」

フェイト「そうだ 僕は彼の成果をもって…

 

全ての人類を不老不しにする!つまり人類の人工進化だよネギ君!!

“生老病し” この世界から苦がなくなれば、君はヨルダ様から解放される!」

ネギ「…」

→次のページへ