【ネタバレ】ONEPIECE ワンピース 868 感想【注意】

第868話 KXランチャー

 

押し掛け麦わら大船団Vol.5・キャベンディッシュ編

「…というわけでアレは敵船じゃないから攻撃の必要はないんだ。スレイマン」

「説明が長かったな」

 

63年前…

マザー・カルメルと子供達の失踪事件…

ビッグ・マム本人さえ知らない、その事件の一部始終を見ていた者が…

2人いた

 

1人は “羊の家” を気にかけて、様子を見に来ていたエルバフの戦士…!!

彼は青ざめ…走り出し…!!もう二度とこの島へ来る事はなかった

…やがて “それ” はエルバフ及び全巨人族の耳に届き、

“シャーロット・リンリン” はもはやその名を口にする事もはばかれる程…

巨人族から嫌悪される存在となる…

 

一方もう1人の目撃者は…

もとよりこの島に住みついていた海賊崩れの料理人…名をシュトロイゼンと言い…

彼はこれを面白がった…!!

笑い転げるシュトロイゼン「わはははは!!」

木を切るシュトロイゼン…

 

するとそれは肉のようになり…

それを食べるシュトロイゼン「あんな怪物見た事ねェ!!放っときゃ◯ぬな…勿体ねェ…!!」

 

彼の能力はこの世のあらゆる物を “食材” に変える “ククククの実” の能力

 

声をかけに行くシュトロイゼン「お嬢ちゃん、夢でも語り合わねェか?」

リンリン「おじさんだれ?マザー知らない?」

シュトロイゼン「おい、あまり近づくな そのうち帰って来るだろう、それまで一緒にいてやるよ!!食うには困らせねェ!!」

 

この時、出会った2人が現在のビッグ・マム海賊団を築き上げる

 

話は現在へ…

シュトロイゼン「!! リンリン!!正気を取り戻せ!!撃たれるぞォー!!」

 

“ママは衰弱し!!会場の誰も動けない5秒以上の時間!!KXランチャーはその時、最大の効果を示し

ビッグ・マムは◯ぬ!!”

 

3本のKXランチャーを撃つベッジ達

ビッグ・マム「(マザー…みんなが邪魔するんだ)」

 

話は過去へ…

カルメル「ここを私達の国にしましょう!みんなが平等に暮らせる夢の国!!」

子供達「くに〜!?」

カルメル「そう 種族間の差別も何もない、みんな同じ目線で暮らせる国!!」

リンリン「(同じ目線?すてき!!みんなが大きくなればいいんだ!!)」

カルメル「こんな国がたくさんあれば世界はもっと平和になるのに!!みんなが幸せになれるのにね!!」

 

そしてその事をシュトロイゼンに話す…

シュトロイゼン「…平和?それがお前の夢か!?リンリン」

泣き続けているリンリン「そうなの!!マザーが喜んでくれる国をおれが作るんだ!!」

 

喋り出す花「ハーナー♪ ハーナー♬」

リンリン「マザーがやってた手品!!なんで!?おれにもできた!!」

シュトロイゼン「何と!! “悪魔の実” の能力か!?

よしリンリン、作ろうじゃねェか夢の国!!」

 

そして月日は経っていき…

海兵達「子供に5000万!?」「CPより危険人物と報告が!!強大になる前に捕えろ!!」

 

リンリン「甘いお菓子を持って来い!!そうすれば約束してあげる!!

“平和” と!! “夢の国” を!!

おれの言う事をきけばみんな幸せに決まってる!!きかないやつはわがままだから◯さなくちゃ!!」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ