【ネタバレ】ONEPIECE ワンピース 867 感想【注意】

第867話 HAPPY BIRTHDAY

 

押し掛け麦わら大船団物語Vol.4・キャベンディッシュ編

「人気ありすぎての罪でわずか74人の部下とわずか5億ベリーを渡され国外追放されたドン底人生」

 

振り下ろされたヨルルの剣…

 

しかしその剣を素手で折るリンリン

ヨルル「!?」

そしてリンリンはヨルルのひげを掴み…

 

カルメル「やめなさい!!リンリン!!」

ヨルル「おお!!」

 

ヨルルを投げるリンリン「セ〜!!ム〜!!ラァ〜!!」

頭から地面に打ちつけられたヨルルは倒れる…

巨人達「 “滝ひげ” 様ァ!!」「きゃあー!!」「ヨルル様ァ〜!!」

リンリン「セ〜ム〜ラァ〜!!」

カルメル「リンリン!!」

しかしリンリンは止まらない…

カルメル「セムラを用意できる!?」

巨人「村の食料庫に冬至祭用のが…」

2人がかりでリンリンを押さえる巨人達「リンリンを取り抑えろ!!」「村の火を消せー!!」

リンリン「アア”〜!!」

その時…

カルメルが燃え盛る火に近付いていく…

子供達「マザー何してるの!?」「危ないよー!!」

カルメル「下がっていなさい!!

“ゲブーア” 」

手から何かを出すカルメル

 

子供達「マザー!!」「あつ!!」

火に向けて放つカルメル「 “ツターク” !!」

すると…

巨人達「何だアレは」

 

カルメル「声を与える 従いなさい…!!」

火「…」

子供達「火に顔が…!!」「え〜ん!!」「悪魔みたい…!!」

カルメル「お前の名は “パンドラ” !!」

巨人「急げ!!リンリンにセムラを与えろ!!」

食料庫から持ってこられたセムラを食べるリンリン

 

カルメル「鎮まれ!!」

 

村に燃え盛っていた火が可愛くまとまる「ハイ、マザー」

巨人達「!!」「マザーが…奇跡を…」

カルメル「…いいえ 太陽の神が…全てを治めたのよ」

腹一杯食べたリンリンは仰向けに倒れて寝ている…

 

倒れているヨルル「裁け…アレを子供だと思うな…!!」

巨人達「ヨルル様!!」「手当てを急げ!!」

そこに…

寝ているリンリンに刃を向けるヤルル

巨人達「山ひげ様!!」

ヤルル「リンリン…!!」

リンリンの前に飛び出していくカルメル「どうかお慈悲を!!」

ヤルル「…止めるのか!?カルメル ヨルルは300年…共に戦った戦友…!!…この歳じゃ…奴はもう助からん…!!

長生きではない…!!◯に様なのだ、戦士とは!!許される道はない」

カルメル「わかっています…!!でも許されなくても リンリンは他の子同様、全てに見離され “羊の家” に行きついた憐れな子

私が見捨てるわけにはいかないのです!!

私が…!!このコを連れてここを出て行きます!!」

ハイルディン「 “山ひげ” 様!リンリンを◯してくれー!!エルバフの誇りはどこへ行ったんだ!!」

涙を流すヤルル「ならば早くわしの目の前から 消えてくれ…!!」

目を覚ましたリンリン「あれ?なにかあったの?滝ひげ様◯んだの??」

 

巨人族の英雄ヨルルは◯んだ…

“リンリンという悪神” ”カルメルの奇跡”

この日に起きた出来事は…

世界にわずかに点在する巨人族の国々にもつぶさに知れ渡った…

 

マザーと離れる事を拒む “羊の家” の子らと、今や巨人族の目の敵シャーロット・リンリンを連れて

マザー・カルメルはエルバフを後にする

 

新しい “羊の家” での暮らしが始まった

家を建てる巨人達「これでいいか?」

カルメル「充分よ」

巨人達「…正直、リンリンの顔はもう見たくねェが あんたは巨人族にとっても “聖母” さ、カルメル いつでも頼ってくれ…!!」

カルメル「ありがとう…」

 

…つのる子供達の不安を取り除こうと…カルメルは一層笑顔に努めた

数日を数える頃にはもういつも通り… “羊の家” には子供達の笑い声が響いていた

楽しそうに追いかけっこをするリンリンと子供達

→次のページへ

最新記事を即お知らせ